ミニマリスト

一人暮らしは引っ越し前に断捨離!1日で荷ほどきするまでの流れを解説

 

一人暮らし歴約2年、ミニマリスト歴約3ヶ月のマサキ(@sawa_masaki_)です。

 

近々引っ越すからモノを減らしたい!
けど失敗したくないから断捨離の方法を教えて!

このようなお悩みにお答えします。

本記事は一人暮らしにおすすめの断捨離方法と、最速で1日あれば荷ほどきを終わらせるコツを解説しています。

 

ぼくはこれから解説する方法を実践し、ダンボール3箱での引っ越しを実現しました。ちなみに送料は合計6,800円。圧倒的にコスパがいいです。

ダンボール3箱で引っ越すにはミニマリスト的思考が必要なので難易度は高いですが、断捨離の方法が理解できれば引っ越しするときに留まらず、普段の生活が圧倒的に楽になります。

なお、本記事は一人暮らしの方に向けた記事となりますが、ファミリーの方でも参考になる内容となっております。

 

一人暮らしが引っ越し前に断捨離するべき理由

まずは一人暮らしが引っ越し前に断捨離するべき理由を解説していきます。

理由は以下の2つが挙げられます。

  • スッキリした気持ちで新居に行ける
  • 梱包の手間を省ける
  • 引っ越し費用が安くなる

もう少し詳しく解説していきます。

 

スッキリした気持ちで新居に行ける

断捨離をすることで気持ちはスッキリします。これを逆の言葉でいうと『不要なモノを持ち続けるのはモヤモヤを抱え続ける』になります。

「いらないモノを持っているのはストレスだなぁ…」
「捨てたいけどまたいつか使うんじゃないかと思うと捨てられないなぁ…」

皆さんもこのようなことを一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

これがモヤモヤの原因であり、引っ越し前に断捨離したいと思う根本的な理由です。

断捨離をしてモヤモヤを取り除くことで、新居にスッキリした気持ちで行くことができますね。

 

梱包の手間を省ける

断捨離をすると荷物が減ります。そうすると梱包の手間を省くことができます。

逆に考えると、梱包するということは引っ越し先で荷ほどきをする必要があります。つまり梱包を手間を省くことで、荷ほどきを楽にさせるという効果も生みます。

断捨離は少し大変ですが、引っ越し後のことを考えてもやる意味は十分にあると言えます。

 

引っ越し費用が安くなる

荷物が少なくなると、引っ越しの費用を抑えることができます。

ダンボールの数は少なくて済むのでコストがかからないですし、引っ越しの単身プランで引っ越すこともできるようになります。一人暮らしでも単身プランでは対応できないほど荷物が多い方も少なくないですからね。

さらに荷物を減らすと、引っ越し業者を介さずに宅急便のみで引っ越すことも可能になる場合もあります。

引っ越しの価格についてはこちらから無料で調べられます。




一人暮らしにおすすめの断捨離手順

お待たせしました。本記事の本題である『断捨離手順』はここから解説します。

繰り返しですが本記事は『一人暮らしにおすすめの断捨離手順』と題していますので、一人暮らしの方向けになっています。

一人暮らしは他人の干渉を受けずに自分の意思で断捨離できますので、そのあたりを鑑みた内容となっています。

 

以下はぼくが実践した方法なので、再現性はあるのではないかと思います。

では順番に解説していきます。

  1. フリマサイトに出品する
  2. 買取業者に依頼する
  3. 友人にあげる
  4. 捨てる

フリマサイトに出品する

いきなり難易度高いよ!!

そう思った方もいるかもしれませんが、これはマジで重要なことです。なぜならフリマに出品することでお金に換金できるからです。

モノは捨てたらそこで価値が無くなりますが、売れたら誰かの価値にすることができますし、その対価として自分にはお金が振り込まれます。

いくら不要なモノとはいえ、それは過去にお金を払って買ったモノですよね?ならば捨てて価値をゼロにしてしまうのは非常にもったいないです。

なお、オークファンで相場を調べることができますので、出品の価格に迷うことはないと思います。

 

フリマに出すといってもそれは中古品でしょ?簡単に売れるの?

 

結論からいうと、売れます。

参考までに、ぼくが過去に売ってきた商品を載せておきます。

「こんなの売れるの?」と思うモノでもオークファンで調べてみると意外と取引されていることは十分あります。

リサーチに使うのはオークファンだけでなく、フリマサイトから直接検索してみるのもおすすめです。モノによってはプレミアがついている可能性もあるので、その場合はかなり高値で売れることもあります。

自分では価値に気づいていないだけで、喉から手が出るほど欲しいと思っている人がいるかもしれません。

リサーチせずに中古販売店(ブック○フなど)に持っていくと、しっかり価値判断をしてくれず10円などの安値で買い取られてしまうこともあります。

売るという行為は同じでも、売り方次第では何倍か何十倍もの利益をもたらしてくれる場合があります。

出品するのはタダなので、まずは自分が捨てようと思っているモノが出品されているかを確認してから出品してみるのをおすすめします。

mercari-beginner-safety
【超初心者向け】メルカリは安全?メルカリ出品をわかりやすく解説「メルカリってなに?安全なの?」超初心者の方が抱く不安や疑問にお答えします。本記事では「メルカリとは何か」「メルカリは安全なのか」「メルカリ売買の流れ」「出品から発送までの方法」を解説しています。...

 

買取業者に依頼する

フリマに出品したけど売れそうにない商品や、フリマと買取業者間の相場があまり変わらないモノについては買取業者に買い取ってもらいましょう。

なぜなら、買取業者に依頼するのは一回でモノを処分できるので楽だからです。フリマだと基本的に単品での出品なので面倒ですよね。

買取業者は大きく分けて2種類あります。

・宅配買取
・出張買取

単純に
・小物を売りたいときは宅配買取
・大物を売りたいときは訪問買取
というように、使用用途を分けるといいでしょう。

 

ぼくが実際に使ったところの一つに「楽天買取」があります。

ここでは大型テレビを買い取ってもらいましたが、控えめに言って楽です。

流れは『依頼する→梱包する→自宅で引き取ってもらう』なので、家から出る必要はありません。

おまけに楽天ポイントも付きますので、お金と楽天ポイントが手に入ります。

ポイントをつけてくれる買取会社はあまり多くないので、かなりおすすめできます。

楽天買取を利用する

 

梱包するのが面倒という方はメルカリを利用すれば梱包しなくても発送できる方法があります。

また、特に家電などの繊細な器具はお客さんとのトラブルが起きやすいのでご注意ください

 

友人にあげる

フリマで売れそうにない商品は友人にあげるというのも一つの手段です。

あげる場合は状態確認をお互い必ず行いましょう。

家具は普段使用するのに問題ないかと傷の確認。
家電は動作確認と傷の確認。

最低限これくらいは行わないと、後々トラブルになりかねません。リスクとしてはメルカリ出品とさほど変わらないですね。

ぼくの場合はテーブル、椅子、カラーボックス、クリアボックスなどは友人にあげました。もちろんお互い確認しあったので、後々のクレームも今のところはありません。

 

捨てる

これは最終手段ですね。

フリマで出品→買取業者で買取不可→友人にあげられない

というステップを踏んできたら、泣く泣く捨てるしかありません。

 

断捨離のコツはお金になりそうなことから始めることです。




断捨離を極めたら引っ越し業者を使わなくても引っ越せる

モノが少なくなると引っ越し業者に頼まず宅急便のみで引っ越すことが可能になります。

コスパ面はもちろん、引っ越し時の業者とのやりとりなどを省けるのでかなり楽です。

 

ぶっちゃけ大型家具や家電さえなければ可能じゃね…?

鋭いですね。そこまで考えられるようになったらあと少しです。

 

大型家電を断捨離するのは小物を整理するのとはわけが違います。なぜなら、ライフスタイルが一変するリスクがあるからです。

例えば思い切って冷蔵庫を捨てたとすると、翌日からは冷凍保存できる食材を購入できなくなります。買ってもその日のうちに消化しなければ持ちません。

冷蔵品も同様です。当たり前のように買っていた牛乳やヨーグルトなどが保存できなくなります。

このように、ライフスタイルを変える必要が出てくるのです。

 

じゃあ断捨離しなきゃいいんじゃないの?

全くの正論です。引っ越しのために今までのライフスタイルを手放すのはぼくも賛同できません。

しかし、家電を断捨離することはメリットもあります。それは引っ越しという短期的な視点を捨て、長期的な視点に目を向ければわかります。

 

そこで大事なのは、大型家電は本当に必要かと考え直すことです。

大体の家電は必要でしょ!

と思うかもしれませんが、それは人それぞれ違って当然です。

「もし冷蔵庫がなかったらどのような生活をすればいいのか・どのようなメリットがあるのか」
「電子レンジがなかったら何が食べられなくなるのか」

など逆説的に考えると自分には必要かどうかが見えてきますし、モノに頼らない思考も身につきます。

 

ちなみにぼくが考えたのは以下の通りです。

冷蔵庫 不要?(処分して実験中)
電子レンジ 必要
洗濯機 必要(共用洗濯機かコインランドリーがあれば不要)
テレビ 不要
ベッド 不要(マットレスで代用可)
住環境による(押し入れがあれば不要)

というのが、ぼくの考えです。

ぼくは冷蔵庫を持っていません。引っ越す前に買取会社に売りました。

今のところは「あると便利だなぁ」とたまに思いますが、必ずしも必要というわけではないなという気持ちです。

冷蔵庫はいらない?一ヶ月手放したけど不要だった【まだ継続中】冷蔵庫はいらないのではないか?引っ越しをするときにこのような疑問が生まれました。実際に断捨離をしてみましたが、今のところは無くても大丈夫だなという結論に落ち着きそうです。本記事では、一ヶ月間冷蔵庫がない生活を送って思ったことをリアルに書いていきます。...

 

確かに大型家電を手放せたら楽だろうし、もし必要に感じたらまた買えばいいだけかも…

そうです。必要になればまた買えばいいのです。

全てとは言えませんが、出番がなさそうと思うものや半年以上使ってないモノは捨てても生活に害をもたらすことはほとんどありません。

もちろん住まいの環境によって条件は大きく変わってきますが、まずは持っているのが当たり前という考えを捨てて、自分には必要なのかを考えることをおすすめします。




引っ越し後の荷ほどきは1日で終了します


ぼくはダンボール3箱分の荷物なので荷ほどきは2時間ほど終了しましたが、荷物が少なければ引っ越した日のうちに荷ほどきを終わらせることもできます。

引っ越し後最初の試練は荷ほどきです。大量のダンボールが届くと「これを今から開封して片付けるのか…」と、げんなりしたことはありませんか?

しかし、荷物が少なければ短時間で荷ほどきできます。早ければ1日以内に終わらせることもできます。

 

1日で荷ほどきを終わらせるコツは超シンプルで、引っ越した日は荷ほどきだけに集中することです。

なんだよ結局のところ根性論かよ!

正直このあたりのノウハウはありません。結局のところ『やるかやらないか』で決まってしまうことなので。

新しい環境に引っ越してきて周辺を散歩したい気持ちもわかりますが、その気持ちはグッとこらえて部屋の環境を整えることをおすすめします。

理由は単純で、ダンボールの中にモノが眠っている状態が続くと不便だからです。使いたい時に目的のモノがどこにあるのかわからないのはストレスですよね?

荷ほどきは集中力がいる作業なので長続きしにくいですが、だからこそ早めに終わらせて生活に困らない環境を整えてあげるべきです。一人暮らしの部屋であれば頑張れば1日で終わります(そう思い込んで取り組むと本当に終わると思います)。

荷ほどきはどうせやらなければならないことなので、サクッと早めに終わらせるに越したことはありませんね。




引っ越し前は断捨離してスッキリしよう

本記事の内容をまとめます。

本記事のまとめ
・一人暮らしが引っ越し前に断捨離するべき理由
  • スッキリした気持ちで新居に行ける
  • 梱包の手間を省ける
  • 引っ越し費用が安くなる
・一人暮らしにおすすめの断捨離手順
  1. フリマサイトに出品する
  2. 買取業者に依頼する
  3. 友人にあげる
  4. 捨てる
・断捨離を極めたら引っ越し業者を使わなくても引っ越せる
・引っ越し後の荷ほどきは1日で終了する

断捨離は大変な作業と思われてますが、重い腰を上げてでも行う価値はあります。なぜなら断捨離直後にスッキリした気持ちになるだけでなく、その後の生活も楽になるからです。

引っ越しは断捨離をする絶好のチャンスです。今まで手をつけられなかった方はこの機会に是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?