旅行

札幌から稚内への日帰り旅行は楽しめる?滞在5時間で稚内を満喫したルートとスポットを紹介

札幌から稚内へ日帰り旅行

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

札幌から日本最北端の都市・稚内へ日帰り旅行をしてきました。

 

稚内は日本最北端の都市として有名です。

特に日本最北端の地・宗谷岬は訪れてみたいと思う人も多い観光名所です。

そんな稚内ですが、残念ながら気軽に行ける距離ではありません。

 

札幌稚内間

札幌からでも稚内は片道5時間(330km)ほどあり、JR特急を使っても稚内に滞在できる時間は5時間ほどです。

この距離と滞在時間を見ると日帰りは難しそうですよね…

しかし、計画を立てて行けば日帰り可能です!

 

札幌⇆稚内を日帰り旅行するにあたり、以下のような疑問がありました。

  • 日帰りでも楽しめるか
  • 時間に余裕はあるか
  • どこまで行けるか

日帰りできることは特急列車のダイヤを見れば分かりますが、短い滞在時間で何ができるのか、どういうルートで楽しめるのかは調べても分かりませんでした。

なので、自分で試してみることにしました。

 

僕が敢行したスケジュールは以下の通りです。

札幌⇆稚内の日帰りスケジュール

7:30 札幌駅発

12:40 稚内駅着

13:00 レンタカーを借りる

13:10 ノシャップ岬

13:30 たからや(ラーメン)

14:30 宗谷岬

15:00 宗谷丘陵

16:00 稚内空港

16:20 マクドナルド40号店(日本最北店)

16:50 レンタカー返却

17:00 北防波堤ドーム

17:46 稚内駅発

22:58 札幌駅着

朝から夜までフル稼働ですが、有名な観光名所「宗谷岬」「北防波堤ドーム」を含め、様々なところに行けます。

宿泊しながらゆっくり観光するのも魅力的ですが、これくらいスピーディーな一日にするのも記憶に残る旅行になると思います。

 

本記事は、札幌から稚内への日帰り旅行をまとめた記事になります。

旅行のコツなども書いていきますので、日帰りでない方でも参考になると思います。

札幌から稚内への移動

往復共にJR特急「宗谷」に乗車して行きました。

特急宗谷

 

札幌と稚内の距離

冒頭でも少し触れましたが、札幌と稚内の距離を解説していきます。

札幌稚内間

札幌と稚内は片道330kmあり、最短で5時間かかります。

これは東京⇆名古屋、東京⇆新潟と匹敵するくらいの距離になり、新幹線が通っていない札幌⇆稚内での日帰りは難しいとされています。

しかし、計画を立てておけば日帰りでも十分楽しめます。

稚内へ行くのは初めてで土地勘はゼロでしたが、主要観光スポットやグルメを回ることができて楽しめました。

 

時間

JR特急を使うと、札幌から稚内までを片道5時間10分で行けます。

稚内まで最速行くにはJR特急を使うか、自動車で行くかのどちらかだと思います。

高速バスでも行けますが、約6時間かかります。

 

稚内へ最速で行く方法

もっと速く行ける方法ないの?

札幌から稚内へ最速で行く方法は「飛行機を利用する」です。

特急列車や車だと片道5時間くらいかかるのが、飛行機だと片道1時間くらいで行けます。

旅行日の数ヶ月前から予約すると特急列車の当日料金よりも安く行けることもあるので、コスパと時間の両方を重視する場合は早めに飛行機の予約をするのがおすすめです。

 

料金

札幌から稚内までJR特急(宗谷)を使うと通常は片道10,550円かかりますが、事前にネット予約をすると35%オフの6,790円、往復で13,580円で行けます。

特急宗谷 切符
ポイント

出発日の前日までにえきねっとで特急列車の座席を予約すると、割引料金が適用されます。

今回乗車した特急宗谷は「トクだ値35」プランを使って35%オフの料金で購入しました。

割引率は各路線で違うので、詳しくは以下HPをご覧ください。
>>JR北海道の特急列車

 

稚内へ最安で行く方法

もっと安く行ける方法ないの?

おそらくですが、札幌から稚内へ最安で行く方法は「高速バスを利用する」ことだと思います。

高速バスなら片道6,200円、往復11,300円で行けます。

 

札幌から稚内への移動まとめ

手段 時間(片道) 料金 こんな人におすすめ
飛行機 55分 7,070円〜 時間重視!
JR特急 5時間10分 6,790円〜 景色重視!
高速バス 約6時間 6,200円〜 料金重視!

時間を重視するなら飛行機、料金なら高速バス、移動中の景色などならJR特急を使うのがいいでしょう。




JR宗谷本線は絶景が多い

特急宗谷 車窓 特急宗谷 車窓2

札幌〜旭川を走るJR函館本線と、旭川〜稚内を走るJR宗谷本線を直通する特急宗谷ですが、特に宗谷本線の景色は絶景です。

宗谷本線沿線は住宅がほとんどなく、基本的に草原か林の中を駆け抜けていく路線です。

特に音威子府〜天塩中川は天塩川沿線を走り、豊富〜南稚内は上記画像のような風景が広がっているので

ちょっと余談

宗谷本線の稚内⇆名寄間は存続が困難な路線に指定されています。

利用客が0人の駅もざらにあり、いつか廃線になるのは割と現実的です。

せっかく好きになった景色を見れなくなる日が来ると考えたら寂しくなりますね。

参考:JR北海道・駅別乗降客数データ2011-2013 宗谷本線

 

宗谷本線については書きたいことがたくさんあるので、後日別の記事にまとめる予定です。

 

宗谷本線がどんな路線かは以下の動画がわかりやすく解説してくれています。

稚内で行ったところ

稚内に着いてから行ったところは以下の通りです。

  • ノシャップ岬
  • たからや(ラーメン屋)
  • 宗谷岬
  • 宗谷丘陵
  • 稚内空港
  • マクドナルド40号店(日本最北店)
  • 北防波堤ドーム
札幌⇆稚内の日帰りスケジュール

7:30 札幌駅発

12:40 稚内駅着

13:00 レンタカーを借りる

13:10 ノシャップ岬

13:30 たからや(ラーメン)

14:30 宗谷岬

15:00 宗谷丘陵

16:00 稚内空港

16:20 マクドナルド40号店(日本最北店)

16:50 レンタカー返却

17:00 北防波堤ドーム

17:46 稚内駅発

22:58 札幌駅着

上記のルートを行くには車が必須になります。

稚内の見所は宗谷岬や北防波堤ドームだけではありませんので、各所を紹介していきます。

 

札幌駅→稚内駅

札幌駅

7:30発の特急宗谷に乗って稚内へ行きました。

片道5時間10分あるので、そこそこ覚悟がいります。

気合いを入れすぎて出発30分前にきてしまったことも伺えますね。

ポイント

札幌から稚内へ直通している列車は、7:30発の特急宗谷のみです。

他の時間帯では旭川で乗り換える必要がありますし、特急宗谷を利用しないと日帰り旅行は不可能になります。

 

レンタカーを借りる

レンタカー

まずは駅前でレンタカーを借りました。

宗谷岬やノシャップ岬へ行くだけなら宗谷バスを使えばいいですが、他の名所へ行くには車がないと困難な場合があります。

目的に応じてレンタカーも検討する必要があると思います。

 

ノシャップ岬

ノシャップ岬 ノシャップ岬2

稚内といえば「宗谷岬」のイメージが強いかもしれませんが、「ノシャップ岬(納沙布岬)」という岬もあります。

イルカの像があることでも有名な場所です。

 

ノシャップ岬とは

【ノシャップ岬】
アイヌ語でノッ・シャムといい「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の2つの意味があると伝えられています。夕日の美しい景勝地として、知られ、秀峰利尻富士や花の浮島礼文島も一望できます。岬周辺には、天体観測や南極観測の資料を展示した青少年科学館、幻の魚イトウをはじめ北方系の魚たちが大回遊水槽で群遊するノシャップ寒流水族館など見どころがいっぱいです。
※「稚内観光協会」公式HPより

 

ノシャップ岬の場所

稚内駅から車で10分ほどで行けます。

 

たからや(ラーメン屋)

たからや

 

「たからや」メニュー

たからや メニュー

たからやのラーメンは「塩ラーメン」「しょう油ラーメン」の二択です。

他に余分なメニューは作らないという意気込みにミニマムさを感じます。

価格も高すぎず良心的です。

 

「塩ラーメン」感想

たからや ラーメン

稚内のラーメンは塩味が有名と聞いたので「塩ラーメン」をいただきました。

なみなみ注がれたスープは透き通っています。

 

塩味は濃すぎず薄すぎず、優しくて落ち着く味でした。

これならいくらでも食べれます。

 

地元の方も多く入店しており、愛されているラーメン屋という印象でした(僕に対しては少し冷たくされたような気がしました、、、よそ者だからでしょうか、、、)

それでも稚内に来たらまた行きたくなると思います。

 

「たからや」の場所

稚内駅から徒歩1分ほどの好立地にあります。

駅前の目立つ場所にあるので、場所に迷うことはないと思います。

 

宗谷岬

宗谷岬

宗谷岬は日本最北端の地として有名です。

僕自身この旅では一番楽しみにしており、小さい頃から行きたいと思っていた思い入れのある場所です。

 

 

宗谷岬(日本最北端の地の碑)とは

【日本最北端の地の碑】
宗谷岬の先端、北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を標す記念碑。北極星の一稜をモチーフに、中央には北を示す「N」、台座の円形は「平和と協調」を表しています。海に向かってこの地に立つと、前方三方が海、正面に43km先のサハリンの島影が浮かび上がり、日本の最北端であることを実感できます。ちなみに東経は141度56分11秒です。
※「稚内観光協会」公式HPより

 

宗谷岬からの眺め

宗谷岬 海

宗谷岬からの眺めは最高でした。

天気がよければロシアが見えるらしいですが、この日は見れませんでした。

あと、風が強すぎます。

油断すると吹き飛ばされる恐れもあるくらいの海風でした。

 

宗谷の海に触れる

宗谷岬 海2

宗谷岬の海は触ることができます。

日本最北端の地の碑から右に行くと、海に直結している階段があります。

宗谷岬 海 入り口

この階段は自由に上り下りできるので、宗谷の海を間近で見たり触ったりできます。

 

ちょっと宗谷岬については書きたいことが山ほどあるので、後日別の記事にまとめることにしました。

 

宗谷岬の場所

稚内駅から車で40分ほどで行けます。

 

宗谷丘陵

宗谷丘陵

宗谷丘陵は北海道遺産にも認定されている丘陵地帯です。

超絶景なので、稚内に来たら必ず行ってほしいと言えるスポットです。

稚内の中では一番好きな場所、いや日本でトップクラスに好きな場所になりました。

 

 

宗谷丘陵とは

【宗谷丘陵(北海道遺産)】
宗谷岬の裏手にあるなだらかな丘陵地帯。氷河時代に形成された周氷河地形は北海道遺産として認定されています。また、この丘陵には57基の風力発電施設もあります。
丘陵の中にはフットパスもあり、ホタテの貝殻を敷きつめた「最北の白い道」も見どころです。
※「稚内観光協会」公式HPより

 

宗谷岬ウインドファーム

宗谷丘陵2

宗谷丘陵は風力発電の地としても有名で、無数の風車があります。

このような地帯を「宗谷岬ウインドファーム」と呼ばれています。

総出力は日本最大で、稚内市の年間消費電力の約6割に相当するほどのエネルギーを生み出しています。

稚内市の電力になりつつ、美しい景色にもなっている素晴らしい地帯です。

 

車通りがほぼない

宗谷丘陵3

宗谷丘陵は広大な面積ですが、車がほぼ通りません。

すれ違った車は5台ほどなので、人がほとんどいません。

ゆっくりドライブを楽しめるので、車窓から丘陵を眺めたり、車を降りて写真を撮ることもできます。

 

宗谷丘陵の場所

稚内駅から車で50分ほどで行けます。

宗谷岬の目の前に「宗谷岬公園」の入り口があり、そこから行くと5分くらいです。

 

稚内空港

稚内空港 稚内空港2

日本最北端の空港・稚内空港にも行ってみました。

本当は行く予定がなかったのですが、稚内駅と宗谷岬の間にあったのでふらっと寄り道です。

でも空港の中には入らず、駐車場を一周して空港の外観を眺めるだけにしました。

一目拝めただけでも価値はありました。

 

稚内空港の場所

稚内駅から車で20分ほどで行けます。

宗谷岬からでも20分ほどなので、稚内駅と宗谷岬までの中心に

 

マクドナルド40号店(日本最北店)

国道40号線を走っていたら偶然見つけました。

こちらも行く予定はなかったのですが「もしかしたら日本最北のマックじゃね?」と思って駐車場に停車だけしました。

ドナルドが座っている横に日本最北店という碑が立っているらしく、それを拝みたかったのですが、なんか3人組のチンピラがいたのでやめました。

なので、写真すら撮れていません。

 

マクドナルド40号店の場所

稚内駅から車で10分ほどで行けます。

 

マクドナルド40号店については、こちらのブログ記事が面白いので読んでみてください。
>>【稚内】日本最北のマクドナルドで、ドナルドとイチャイチャした。

 

北防波堤ドーム

北防波堤ドーム

レンタカーを返却し、稚内駅から徒歩5分くらいのところにある有名な観光名所「北防波堤ドーム」へ行きました。

宗谷丘陵と同様に、北海道遺産に登録されている場所です。

こちらも行く予定はなかったのですが、駅からすぐ近くにあると知ったので寄り道です。

 

北防波堤ドームとは

「稚内港北防波堤ドーム(北海道遺産)」について
宗谷湾を望む北埠頭のシンボル。強風と荒波を防ぐ全長427mの世界でも珍しい半アーチ形ドームは円柱70本の柱廊風のゴシック建築を模した重厚なデザインで2001年には北海道遺産に指定されています。
※「稚内観光協会」公式HPより

 

北防波堤ドームの場所

稚内駅から徒歩5分ほどで行けます。

 

札幌から稚内を日帰りする際の疑問

冒頭でも書きましたが、札幌⇆稚内を日帰り旅行するにあたり、以下のような疑問がありました。

  • 日帰りでも楽しめるか
  • 時間に余裕はあるか
  • どこに行けるか

 

日帰りを終えて出た結論は以下の通りです。

  • 日帰りでも楽しめるか
    楽しめる!むしろ最高!
  • 時間に余裕はあるか
  • → 少しのんびりできるくらいには余裕がある!
  • どこに行けるか
    観光5ヶ所(ノシャップ岬・宗谷岬・宗谷丘陵・稚内空港・北防波堤ドーム)
      グルメ2ヶ所(ラーメン屋・マクドナルド(飲食なし))

5時間でこれだけ回ることができました。

宗谷丘陵で思ってたよりのんびりできましたし、マックでセットメニューを食べる余裕も十分あると思います。

最後は30分くらい時間を持て余したので、レンタカーをギリギリまで借りていればもっと回れたり、お気に入りのスポットに滞在できたかもしれません。

 

札幌から稚内への日帰り旅行は可能!

いかがでしたでしょうか。

札幌から稚内までを日帰りすることは可能ですし、十分楽しめます。

JR特急を使うと滞在時間は5時間ほどになりますが、事前に行きたいところを決めておくことで問題なく回れると思います。

有名な観光名所(宗谷岬やノシャップ岬など)はバスも出ているので、無理にレンタカーを借りなくても行けます。

なお、道はほぼ一本道だったので、車を運転する場合でも心配ないと思います(宗谷丘陵は気をつけないと迷子になる可能性があります)。

 

これから札幌⇆稚内の日帰り旅行を検討されているなら参考にしてみてください!

なお、北海道内は他にも日帰りしたことがあるので、よければ以下の記事も読んでみてください。