旅行

札幌から帯広へ日帰り旅行!帯広名物の豚丼がおすすめ!

帯広 日帰り旅行

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

GWが明けて1週間後に、札幌から帯広へ日帰り旅行をしてきました。

帯広へ行くのは初めてでしたが、札幌からのアクセスは良くて行きやすかったです。

 

今回の日帰り旅行では、帯広名物の豚丼を食べるのがメインでした。

一緒に行った友人から「スイーツめぐり券」を教えてもらい、帯広駅近くのお菓子屋と喫茶店でコーヒーを楽しむこともできました。

とてもいいところだったので、北海道へお越しの際はぜひ立ち寄ってほしい場所です。

 

本記事は、札幌から帯広への日帰り旅行記になります。

なお、旅行のコツなども書いていきますので、札幌から帯広へ旅行に行く方は参考にしていただければと思います。

札幌から帯広への移動

往復共に高速バス(ポテトライナー)を使って行きました。

ポテトライナー

 

時間

高速バスを使うと、札幌から帯広までを片道4時間ほどで行けます。

 

帯広へ最速で行く方法

片道4時間はちょっと…
もっと速く行ける方法ないの?

おそらくですが、札幌から帯広へ最速で行く方法は「JR特急を利用する」ことだと思います。

JR特急なら通常2時間半〜3時間ほどで行けます。

 

料金

札幌から帯広まで高速バス(ポテトライナー)を使うと往復7,130円です。

おそらくですが、最安で帯広まで行くには高速バスを使うのが一番です。

 

時間を優先するならJR特急、値段を優先するなら高速バスを使うのがいいでしょう。




帯広で行ったところ

帯広に着いてから行ったところは以下の通りです。

  • 豚丼屋「はなとかち」
  • 豚丼屋「とん田」
  • 菓子屋(4店舗)

帯広名物の豚丼を食べるのを中心に、「スイーツめぐり券」を使いながら各所のお菓子をいただきました。

 

豚丼屋「はなとかち」

帯広駅前にある豚丼屋「はなとかち」に行ってきました。

口コミの評価がよかったので楽しみにしていました。

 

「はなとかち」の場所

はなとかち 外観

 

帯広駅から西へ徒歩5分ほどです。

 

「はなとかち」食べたメニュー

はなとかち 豚丼

ランチメニューの「ばら豚丼セット」をいただきました。

料金は850円。本場の豚丼をこの価格で食べれるならお得に感じます。

 

ばら豚丼の感想

はなとかち 豚丼2

絶品です。ただただ感激しました。

写真からも伝わるツヤ感が食欲をそそり、箸が止まりません。

とても柔らかくて、噛むほど肉の甘みを感じます。

 

わさびが最高

真ん中にトッピングされた”わさび“も最高です。

マイルドな口当たりで、豚肉との相性が抜群です。

脂っこさを和らげてくれるので、食べやすさが増します。

 

豚汁が絶品

豚汁も最高でした。

豚丼と引けを取らないくらい美味しかったので、メインメニューが2つあると言っても過言ではありません。

 

豚丼と豚汁のセットで850円は安すぎると思いました。

帯広駅とバスターミナルから近いので、帯広へお越しの際は立ち寄ってほしいお店です。

>>豚丼のはなとかち

 

豚丼屋「とん田」

帯広市内では最も有名な豚丼店「とん田」へ行きました。

駅から離れているにも関わらず行列ができることも珍しくない名店です。

 

「とん田」の場所

とん田 外観

 

帯広駅から西へ徒歩30分くらいで行けます。

少し歩きますが、それでもおすすめできるお店です。

 

「とん田」食べたメニュー

とん田 豚丼

ロース・バラ盛り合わせ」をいただきました。

値段は880円。見た目以上に豚肉とご飯の量が多いです。

 

「ロース・バラ盛り合わせ」感想

とん田 豚丼2

こちらも絶品。これからも帯広に行くことを約束させてくれる味です。

 

中毒性がある味

豚肉の味は文句なしというか、中毒性があります。

この記事を書いているのは旅行を終えた翌日ですが、すでに食べたくなっています。笑

 

やや油っこさがある

ただ、量が多いだけに後半は油っこさが少ししんどくなります。

たくあんを挟むことで緩和されますが、前途の「はなとかち」の”わさび”みたいに何かトッピングが欲しいかなとも思いました。

「はなとかち」に続いて2軒目という影響もあったかもですが、

 

このボリュームで880円は安いです

帯広一と評判の豚丼を食べれるので、帯広へお越しの際はぜひお立ち寄りください!

>>ぶた丼のとん田

 

お菓子屋めぐり

帯広はスイーツが有名ですが、今回の旅行は豚丼がメインだったのでスイーツ店はあまり寄りませんでした。

その代わり、「スイーツめぐり券」を使ってお菓子をもらい回りました。

 

「スイーツめぐり券」とは

スイーツめぐり券

「スイーツめぐり券」とは、対象店舗の対象商品と引き換えに使えるチケットです。

4枚綴りになっており、一店舗につき1枚まで使えます。

料金は500円です。

 

「スイーツめぐり券」を使ったところ

以下の店舗に行きました。

 

ユトリベルグ

ほとんど写真を撮り忘れてしまいましたが、唯一「ユトリベルグ」でいただいたお菓子だけ撮りました。

「スイーツめぐり券」は、手軽に帯広のお菓子を食べ歩きたい時におすすめです。

>>スイーツめぐり券 ご案内チラシ

 

帯広への日帰り旅行は豚丼がおすすめ!

いかがでしたでしょうか?

札幌から帯広まで最速で片道2時間半ほどなので、日帰り旅行は可能です。

帯広駅の近くしか周りませんでしたが、十分楽しむことができました。

 

豚丼屋を2店舗行ったのでお腹がはちきれそうになりましたが「帯広と言えばこれ!」を見つけられて、いい日帰り旅行になりました。

今度は車を使って南の方へ行ってみたいなと思います(さっそく年内にもう一度行くことを画策しています)。

 

帯広は豚丼がおすすめです。

帯広へ行く際は参考にしてみてください!