移住

【札幌はいいぞ】札幌への移住をおすすめする5つの理由

sapporo-emigration

 

札幌へ移住したいなぁ…実際どんなところなの?

このような疑問にお答えします。

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

ぼくは埼玉県で育ち、仕事の都合で岡山県へ転勤し、退職後の2018年11月下旬に札幌へ移住しました。

まさにこれから真冬を迎えるという時期での移住でしたが、不思議と不安はあまりありませんでした。

なぜなら、札幌が好きだからです。

本記事では、札幌の良さを伝えると同時に、移住をおすすめする理由を5つ紹介します。

札幌への移住をおすすめする5つの理由

札幌1

以下の5つです。

  • 【気候】年間通して気候がいい
  • 【生活】家賃が低い
  • 【環境】コンパクトな地方都市
  • 【食事】北海道産はなんでも美味しい
  • 【住民】札幌好きな人が多い

 

【気候】年間通して気候がいい

「夏は涼しい」とか「冬は寒い」という話ではなく、『気候』について話します。

札幌の気候で魅力的なのは以下の通りです。

  • 梅雨がない
  • 夏は蒸し暑さを感じない
  • 東京よりも寒さを感じない

 

梅雨がない

札幌には梅雨がありません。

ジメジメした気候が無理という方にとっては天国です。

 

夏は蒸し暑さを感じない

夏に約1ヶ月間短期ステイ(道東)に行きましたが、蒸し暑さを全く感じませんでした。

毎日カラッとした陽気で、暑いというよりは涼しいという印象が強かったです。

札幌でも30°以上になることは稀で蒸し暑さはないと聞くので、本州に比べれば圧倒的に住みやすいのではないかと思います。

 

東京よりも寒さを感じる時間が短い

これは寒さを体感する時間の問題です。

札幌市民は冬に長時間外にいることが少なく、寒さを体感する時間が短く、外出したとしても建物の中や駅の地下街はとても暖かいです。

東京都民は外にいる時間が長く、駅などの施設内に入っても暖房設備がイマイチで常に寒いです。
東京の専門学校に通っていたことがあるのでよく分かります。

 

住宅の構造にも違いがあります。

札幌だと耐寒対策がされてますが、東京だと無防備なところが多いです。

冬の室内環境は東京よりも札幌の方が遥かにいいです。 

気候は実際に行ってみないと分からないので、札幌へ移住を考えているのであれば夏と冬に訪れてみることをおすすめします。

 

【生活】家賃が低い

札幌は家賃が安いです。

家賃は固定費なので極力抑えるに越したことはありませんが、そうなると条件が悪くなってしまうことが多いです。

しかし札幌は好条件な物件が多く、東京では8万円くらいする物件が札幌では4万円くらいで借りられると思います。

生活コストを抑えるためには土地選びもすごく重要ということですね。

安ければ2万円台でも頑張って探せば見つかると思います。

※ちなみにぼくは家賃2万円台前半の部屋を契約できました。
築20年、鉄筋構造、敷金礼金不要、仲介手数料無料バストイレ別、灯油暖房・エアコン付き、オートロック付きなのでなかなか好条件だと思います。

 

【環境】コンパクトな地方都市

札幌は人口196万人の大型地方都市ですが、街の規模は大きすぎず小さすぎません。

歓楽街は札幌・大通・すすきのに集約されており、大きな買い物や少し贅沢をしたいときはここまで来れば困ることはないでしょう。

たぶんですが、この3エリアを集約させたら東京の池袋・新宿に匹敵するのではないかというくらいの規模と情報量はあると思います。

日用品を買うだけなら都心部まで行く必要はないので、都心部以外に住居を置いて、たまに都心部へ行く生活にするとコスパがいい生活を送れるのではないかなと思います。

中央区(札幌・大通・すすきの)に住むと家賃が高くなってしまいます(それでも全国的に見れば安い方ですが)。

毎日都心部へ行っても疲れるので、わざわざ都心部に住む必要はあまりないかと思います。

 

交通機関が素晴らしい

札幌は交通の良さが魅力的です。

特に地下鉄は雪の影響を受けることがないので、冬でも道民の足として機能します。

南北線:麻生〜(さっぽろ・大通・すすきの)〜真駒内
東西線:宮の沢〜(琴似・円山公園・さっぽろ・大通・白石)〜新札幌
東豊線:栄町〜(さっぽろ・大通)〜福住

各路線の主要駅をまとめてみました。()内は主要駅です。

南北線は札幌3大駅(さっぽろ・大通・すすきの)を網羅している最強路線です。

東西線は”琴似・円山公園・白石・新札幌”というベッドタウンを通る人気路線です。

東豊線は、、、ごめんなさい。札幌ドームへ行くのに便利なこと以外にあまりメリットを感じません。

どの路線にも共通してますが、さっぽろ駅まで最大で20分もあれば行けます。20分で札幌の中心部まで行けるのは便利でしかないですね。

 

JRを使えば、札幌駅から北海道の至る観光名所へ行くことが可能です。

カムイ / ライラック:札幌〜旭川
宗谷:札幌〜(旭川・名寄)〜稚内
オホーツク:札幌〜(旭川・北見)〜網走
スーパーとかち:札幌〜帯広
スーパーおおぞら:札幌〜(帯広)〜釧路
スーパー北斗:札幌〜(長万部・新函館北斗)〜函館

稚内・網走・釧路・函館など、北海道を代表する観光名所へは特急一本で行けます。
※遠方はかなりの時間を要しますし、運行本数も少ない路線があるので、ご利用の際は必ず事前にチェックしてください。

北海道と本州

北海道の端から端まで行こうものなら、東京〜姫路間はあります。「北海道はでっかいどう」という寒いダジャレは真実だったようです。

 

都市と自然が両立されている

札幌内外問わずですが、北海道は自然が豊富です。

都市部でも公園があり、札幌市外へ行けば広大な大自然が広がっています。

休日にはドライブで遠出するという楽しみ方もできると思います。

 

【食事】札幌はなんでも美味しい

札幌は控えめに言っても食が最高です。

特に有名なのはラーメン、海鮮系、スープカレー、ジンギスカン。

どれも最高に美味しいです。

 

ぼくはラーメン好きですが、札幌ラーメンは日本トップクラスだと思います。

移住してきてからも何軒か行きましたが、ハズレはほぼありません(全くなかったとは言えませんが)。

関東にも進出しているお店は多々ありますが、本場の味を好きなときに味わえると考えると毎日が楽しくなります。

 

【住民】札幌好きな人が多い

札幌市民は地元愛が強いことでも有名です。

住んでいる街に対する”愛着”と”誇り”ランキングで2位となっています。

参考:「市民のプライド・ランキング」にみる地元愛調査 自分の住む街がとにかく大好きで仕方がない! 地元愛が強すぎる都市は、圧倒的に●●市!

札幌から上京する人もいますが、Uターンしてくる人も多く、札幌から出たくないという意見もかなり多いです。

地元民が愛着を持てる街というのは安心感があります。

 

年々人口が増えているので、移住先としても人気がある都市と言えるでしょう。

札幌はなんでも揃っているので移住初心者にも優しい環境です。




札幌へ移住するにはどうしたらいい?

札幌2
札幌への移住がいいことはわかったけど、実際に移住まではどのようなステップを踏めばいいの?

 

ぼくは以下の流れで移住しました。

移住までの流れ
  1. 札幌で暮らすイメージをする
  2. 実際に札幌へ行く
  3. 住みたいと思ったら札幌を徹底的にリサーチ
  4. 札幌での生活費を算出する(家を決める)
  5. 札幌に行くまでに必要な資金を算出する
  6. 引っ越し

 

まずは札幌でどのような生活をしたいのかをイメージし、現地へ赴きました。

現地へ行くことで気候や交通事情などを目の当たりにできるので、イメージがはっきりします。

移住すると決めたら、次は生活費の計算です。

資金に余裕がある方はすっ飛ばしてもいいですが、あまり余裕がない方はマストで行いましょう。

札幌は国民健康保険料が高いという落とし穴もあるので、税金関係を含めて徹底的にリサーチしましょう。

 

札幌はいいぞ!

札幌は最高です。

札幌に移住したいと思うのであれば、一度札幌の空気を吸いに来てください。

ぼくは札幌に行ったことで、移住しようと決断するほど人生が傾きました。

ぼくの場合は札幌でしたが、全国様々なところへ出向き、自分が好きだと思える街と出逢えたらもしかしたら人生が変わるかもしれません。

好きなところに住むことの素晴らしさを多くの人に体験してほしいです。

emigration-decision
移住を決断するまでに考えておきたい3つのこと移住を決断するまでに気をつけたいこと、移住を見送った方がいい場合についてを解説した記事となっています。移住前は本当に移住するべきなのかと不安になります。それは当然のことです。本記事を読むことでその不安も解消されるのではないかと思います。...