移住

移住を決断するまでに考えておきたい3つのこと

emigration-decision

 

移住したいけど何から考えればいいのかわからない…

このようなお悩みを抱えている方に向けて書いていきます。

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

ぼくは2018年11月より岡山県から札幌に移住していました。

移住を考えるとき、なにを考えてなにを信じればいいのかとても悩みますよね…

本記事では、移住する際に気をつけたいことや移住を見送った方がいい場合について解説しています。

移住とは”自分の意思で決めた引っ越し”のこと

emigration-decision1

まず移住とはなにかというところから解説します。

移住とは、自分の意思で決めた引っ越しのこと言います。

例えば、会社の異動などの仕方のない理由での引っ越しは移住のうちに含みません。

 

移住を検討する理由

emigration-decision2
参考:「ゆっくり暮らしたい」4人に1人が地方移住に関心検討

 

上の図は、移住を検討する理由ランキングです。

最も多い理由は「スローライフを実践したい」となっています。

この理由の背景にあるのは、田舎で生活したいという気持ちだと思います。

田舎に住みたいと思う方は、次のようなことを思っているのではないでしょうか?

  • 都市圏での生活に疲れた
  • 仕事中心の生活に疲れた
  • 人が多い環境に疲れた

都市圏はなにかと便利ですが、選択肢が多すぎると決断疲れを起こしたり、人が多い環境で消耗することも少なくありません。

現代社会の問題点が凝縮されている状態の都市部にいる人ほど田舎への憧れは強いのかもしれませんね。

 

移住は何度してもいい

移住=永住とイメージするかもしれませんが、これは違うと思います。

なぜなら、移住は自分の意思で住む場所を決めて引っ越すことだからです。

住みたい場所はコロコロ変わってもいいですし、その度に違う場所へ移住するのはそれはそれで面白さを感じます。

 

色々な土地に興味が湧いて移住する。

そのような生き方はそんなに珍しくもないと思いますし、このように生きる人はこれから増えてくるのではないかとも思います。




移住を決断するまでに考えておきたい3つのこと

emigration-decision2

以下の通りです。

  • なぜ移住したいのかを明確化させる
  • 現地に行ってみる
  • 固定費を安くする

 

なぜ移住したいのかを明確化させる

難しく考える必要はないですが、漠然と移住するのはおすすめしません。

なんでもいいので、まずはその土地が好きな理由を探してみましょう。

  • 自然が豊富
  • 気候がいい
  • 食事が美味しい

理由はなんでもいいので、とりあえず洗い出してみましょう。

そこからなぜその土地が好きなのか・移住したいのかがわかります。

それが移住したいと思うほど魅力的なものなのかをしっかり吟味してみましょう。

まずはここをクリアできないと移住してから「なんで移住したんだっけ…」と思うかもしれません。

 

まずは移住したい理由を真剣に考える。ここから始めてみましょう。

 

現地に行ってみる

ネットの情報だけで移住を判断するのはおすすめしません。

なぜなら、移住してから「あれ、ネットの情報と違うじゃん」とミスマッチを引き起こしても遅いからです。

 

実際に現地に行って合う合わないを肌感覚で感じることはとても重要です。

  • 気候
  • 住環境
  • 住むイメージ

これらはある程度ネットでも情報収集できますが、やはり現地に行ってみることをおすすめします。

特に気候は現地に行ってみないとわからないですよね。

冬の寒さや夏の湿気など、人それぞれ感じ方が違うのでネットの情報を過信すべきではないと思います。

家探しで一度現地に行くと思うので、そのときに家の周りの環境や住むイメージをできるだけ明確にしておきたいですね。

特に周辺にスーパーがあるかを調べておかないと生活のQOLが変わってきますからね。

 

固定費を安くする

移住とは、自分で住む場所を選ぶことができるということです。

そこで併せて確認しておきたいことは、できるだけ家賃(固定費)が低いところに住むことです。

固定費は一度決めたら基本的に変えられないので、後で後悔しても遅いです。

固定費を抑えることで自由に使えるお金が増えるので、固定費を抑えて後悔する方がいいこともあります。

 

固定費を安くするために重要なのは、最低限の生活費を計算することです。

生活するのに必要な最低限のお金のことを『ミニマムライフコスト』と言います。

ミニマムライフコストを把握しておくと、自分の身の丈にあった物件や環境を探しやすくなりますし、自分はなににいくら必要なのかもわかるようになります。

それがわかるようになるとお金の不安も和らぎますし、生活の質も変わります。

ミニマムライフコスト
ミニマムライフコストとは?生活費を計算すればお金の不安を無くせるミニマムライフコストとは、生活するのに必要な最低限のお金のことです。ミニマムライフコストを知ることで、一ヶ月にどれくらい稼げばいいかがわか理、自分がどこでお金を使っているかがわかるようになります。自分のお金を管理できるようになると、お金に対する漠然とした不安が和らぎます。...




移住を見送った方がいい場合

emigration-decision3

中には移住を見送った方がいいのでは?というケースもあります。

それが以下の2つです。

  • 貯金がない状態での移住
  • いきなりど田舎への移住

 

貯金がない状態での移住

貯金がほぼない状態での移住はおすすめしません。

例えば『移住先の食事が美味しいから移住した』という人は、お金がなければその目的を達成することはできません。

『好きな観光地へいつでも行けるから移住した』という人も同様に、交通費が発生する以上はなかなか行くことができません。

もちろん移住の目的にもよりますが、貯金がないとやりたいことができないという状態になることもあります。

 

いきなりど田舎への移住

いきなりど田舎に移住するのもおすすめしません。

もしど田舎へ移住したければ、数日間住んでみるか、二段階移住をおすすめします。

二段階移住とは、まずは地方都市へ移住してからその後にど田舎へ移住するという2ステップ移住のことです。

有名な方ですと、イケハヤ(@IHayato)さんが実践されています。

↓こちらの記事↓はとても参考になります。
[随時更新] 地方移住におすすめのエリア・自治体まとめ。




移住することは難しくないが、決断は難しい

移住すること自体はそこまで難しくありません。

ただ、しっかり計画を練らないと移住後に後悔してしまう可能性は十分あります。

そうならないためにも、移住前に不安なところは潰しておき、移住後にならないとわからないようなことは神頼みして乗り切りましょう。

https://sawa-masaki.com/i-live-where-i-want-to-live/