ミニマリスト

コンパクトな財布のメリットとデメリット【人気の財布も紹介】

 

どうも、ミニマリストのマサキ(@sawa_masaki_)です。

 

財布をコンパクトにしたい…!!メリットとデメリットを教えて!!ついでにおすすめの財布を教えて!!

このようなお悩みを解決する記事となっています。

 

財布をコンパクトにするメリット

 

💡コンパクト財布のメリット💡

・身軽になる
・節約できるようになる

・財布に不要なものを溜めにくくなる
・クレジットカード・電子マネー
がメインになる

 

身軽になる

これがコンパクト財布の最もいいところだと思います。

ちょっとした買い物の時は、基本的に財布と携帯電話を持ち歩けば不便することはほとんどないので、財布はポケットに入るサイズにしてしまえば手ぶらで外出することもできます。

買い物の時に余分なものを持ちすぎている人が多いと思うので、手ぶらで外出するのはかなりストレスが抑えられるのでおすすめです。

節約になる

コンパクトな財布って、必要最低限のものしか入らないから不便しそう…

そう思う方は多いと思います。

そういう時は少し考え方を考えてみましょう。

 

例えば以下のような事例

あ、ポイントカード忘れた!コンパクトな財布にしたから財布の中にない!!ぎゃあああああ!!!

コンパクト財布にすると、このようなことになる可能性があります。ぼくも経験があります。これは”不便”ですよね?

ここで考えるべきは、不便だからダメだということではなく、その商品を買うかどうかを一度真剣に考えることです。

ポイントカードを忘れたことで、少なからず「買うのは次回にしようかな…」という思考が働くと思います。そのタイミングで「これは本当に必要なものなのだろうか…」と一歩引いて考えると、無駄遣いが削減できることもあります。

 

つまり、コンパクトな財布にすることで節約につながることも少なくありません。

このような考え方を繰り返していくと、奢侈品(贅沢品)を買うときは一度迷いが生じるようになり、無駄遣いが減って行くことを実感できるようになります。

 

財布に不要なものを溜めにくくなる

財布に不要なものとは、レシートやポイントカードなどが挙げられます。

 

家計簿つけてるからレシート必須だし!!

という方は、家計簿をつけたらさっさと捨ててしましましょう。むしろ、早く家計簿をつけないと溜まる一方なので、ズボラを治すいいきっかけにもなるかもしれません。

 

けど、ポイントカードは必要だし!!

日常で使うものは常に財布に入れていてもいいかもしれないですが、使用頻度が低いものは財布の中に入れているだけ荷物になります。必要な時だけ持ち出し、不必要な時は家で保管しておきましょう。

 

クレジットカード・電子マネーがメインになる

クレジットカード払いのメリットは、現金が不要なことです。かっこよく言うと”キャッシュレス”にすることができます。

 

キャッシュレス…!!すごく魅力的だけど、現金が必要な機会もあるでしょ…??

キャッシュレスは想像以上にストレスがかかりません。

 

キャッシュレスにすることのメリットは、

・小銭やお札の出し入れがなくなる
・使い方によっては財布自体が不要になる

が挙げられると思います。

もちろん、クレジットカードや電子マネーに対応していない店舗も数多くありますので、そのような店舗に行く場合は現金が必須です。

 

現金を使う生活から離脱し、クレジットカードや電子マネーをメインに使う生活を送ってみると、財布やお金への価値観が変わるかもしれません。

 

財布をコンパクトにするデメリット

 

💀コンパクト財布のデメリット💀

・カバンの中に入れるのには不向き
・ポイントカードなどを自宅に忘れやすい

 

カバンの中に入れるのには不向き

コンパクト財布というくらいなので、サイズは小さいです。

カバンの中に入れると、カバンの中で行方不明になることもしばしばです。

もしカバンの中に入れたいという場合は、財布はどこに入れるかを決めておくことをおすすめします。

 

ほとんどのコンパクト財布は、ポケットの中に入りきるサイズで設計されているので、基本的にポケットの中に入れておくといいでしょう。その方が盗難リスクも抑えられますし、手ぶらで街を歩くことも可能になります。

 

ポイントカードなどを自宅に忘れやすい

ほとんどのコンパクト財布は、カード類の収納スペースが小さく、数枚しか入りません。

これにより、使おうと思っていたカードを家に忘れてしまうことも少なくありません。

 

しかし、ここで慌ててしまうのではなく、買い物の時にポイントカードを忘れてしまった場合はラッキーだと思うべきです。

繰り返しにはなりますが、その商品を買うかどうかを一度真剣に考え、不要と判断できれば節約につながるからです。

 

外出前にカードの有無を確認するのはめんどくさくない?

確かにめんどくさいですし、なんのカードを使うか分からないまま外出することもあると思います。

その時は、カードケースに入れて持ち歩けばOKです。

このカードケース自体は普段使わないように家で保管しておき、近くのショッピングモールなどに行くときはカードケースを持ち歩くという生活スタイルにしてしまえば、
普段はあまり使わないカードを常に持ち歩くという生活からは脱却でき、シンプルな生活を送れるようになります。

おすすめのコンパクト財布3選

 

💡おすすめのコンパクト財布💡

・アブラサス 「小さい財布」
・アブラサス 「薄い財布」
・アブラサス 「旅行財布」★イチオシ

 

小さい財布 薄い財布 旅行財布
商品画像
おすすめ度
価格 ¥11,850-
(2018/11/1現在)
¥14,950-
(2018/11/1現在)
¥9,900-
(2018/11/1現在)
サイズ 縦:60mm
横:90mm
厚さ:10mm
重さ:50g
縦:98mm
横:95mm
厚さ:7mm
重さ:50g
縦:190mm
横:90mm
厚さ:18mm
重さ:59g
一言メリット 小さい!!! 薄い!!! 便利!!!

 

アブラサス 「小さい財布」

その名の通り、小さい財布です。

ミニマリスト界隈の中では大変人気の財布ですが、好き嫌いが強く分かれると思います。

カードは最大5枚収容可能となっており、嫌でも必要最小限のものしか持ち歩くのを許さない仕様となっています。

どの財布よりもコンパクトを極めており、慣れるのに多少時間がかかるかもしれませんが、慣れたら長財布には戻れなくなります。

 

おすすめ度
価格 ¥11,850- (2018/11/1現在)
サイズ 縦:約60mm×横:約90mmx厚さ:約10mm 重さ:50g
メリット
  1. 持ち歩いているのを感じないくらいコンパクトで身軽
  2. 小銭入れに蓋がなく、小銭へのアクセスが早い
  3. ハトメ穴があるので、鍵などを付けられる
デメリット
  1. お札が丸まる
  2. 小銭入れは注意しないと小銭が落ちる

 

大きさ

ほぼカードサイズ。なんと約6×9cmの財布 の画像

クレジットカードとほぼ変わらない大きさです。

カバンの中に入れたらどこにいったか分からなくなって、取り出すのに時間がかかってしまいそうです。

基本的にはポケットに入れておく方がいいでしょう。

 

小銭入れ

たっぷり入るコインケース の画像

小銭入れには蓋がありません。

すぐに小銭を出せるメリットもありますが、財布の開け方を間違えたら小銭が落ちてしまうというデメリットもあります。

慣れたら便利に感じるようになりますが、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません(ぼくは5回くらい使ったら慣れました)。

 

 

アブラサス 「薄い財布」

小さい財布」と同じく、アブラサスが販売している財布です。

こちらもミニマリスト界隈では大変人気の財布となっております。

アブラサスの中では最もクセが強く、慣れるのに時間がかかると言われている財布ですが、慣れたら他の財布に乗り換えることができなくなるくらい快適と評判です。

 

おすすめ度
価格 ¥14,950- (2018/11/1現在)
サイズ 縦:98mm×横:95mm×厚:7mm 重さ:50g
メリット
  1. 持ち歩いているのを感じないくらい薄くて身軽
  2. 小銭が陳列されてるので、会計が楽
  3. 鍵入れがある
デメリット
  1. 小銭は15枚しか入らなので、管理には工夫が必要
  2. 小銭入れが小さい

 

厚さ13mmという驚異の薄さ

厚さ約13mm 重なる革4〜5枚

薄い財布」は本当に薄い財布でして、普通の財布では実現不可能な薄さを実現しています。

ポケットに入れていても存在を感じないので、落としたのではないかと何度もポケットをチェックしてしまいます。

 

厚さ約30mm重なる革 約10〜20枚

ちなみに一般的な二つ折り財布の平均はこんな感じです。小銭入れや革の作りからして、13mmにするのはいかに努力と研究を積み重ねて作られたものなのかが伺えます。

 

小銭入れ

ダブルホックで薄さと安心を両立 の画像

他に類を見ない洗練されたデザインの小銭入れには、15枚の小銭を収容可能です。

この15枚というのにも強いこだわりが詰まっています。

財布の中に必要な小銭の枚数は以下の通りです。

1円玉:4枚
5円玉:1枚
10円玉:4枚
50円玉:1枚
100円玉:4枚
500円玉:1枚
計:999円(15枚)

基本的にこれ以上持ち歩く必要はありませんので、必要最小限の小銭しか入らないように設計されています。

 

鍵入れ

鍵を入れて手ぶらででかけよう の画像

薄い財布」には、鍵を入れるポケットがあります。

これでキーケースの役割を果たすことができるので、手ぶらで出かけることが可能になります。

 

 

アブラサス 「旅行財布」

小さい財布」「薄い財布」と同じアブラサスが発売している商品です。

知名度でいえば「小さい財布」「薄い財布」の方が上ですが、

個人的にこちらの「旅行財布」が最もおすすめです。

小銭入れは独特な構造をしていたり、コンパクトな割にカードは10枚近く収容できたりなど、かなり高機能な財布となっております。

いきなり小さすぎる財布を使うことや、必要最小限の機能しかない財布を使うことにためらっている初心者の方におすすめの財布です。

 

おすすめ度
価格 ¥9,900- (2018/11/1現在)
サイズ 縦:190mm×横:90mm×厚:18mm 重さ:59g
メリット
  1. コンパクトなサイズだけど機能が充実
  2. 小銭入れが大きく、小銭管理のストレスがない
  3. ハトメ穴があるので、鍵などを付けられる
デメリット
  1. 高機能すぎてコンパクト財布と呼べるか微妙
  2. 不要なもの(レシートなど)が溜まりやすい

 

小銭入れ

小銭入れ部分 長財布のように、大きく開く小銭入れ の画像

小銭入れの右半分が傾斜になっており、左側に小銭が集中します。

こうすることで、二つ折りにする際の折り目部分に小銭が重ならないので、二つ折りにすることが実現できています。

 

カード入れ

旅先で必要な物だけ旅行財布へ の画像 クレジットカード ルームカードキー 交通チケット スーツケースキー

カード入れも2箇所に分かれており、カードを無理に断捨離しなくてもOKなのも初心者向きの一つの理由です。

1ポケットにつきカードは5枚ほど入ります。