レビュー

【書評】『ブチ抜く力 与沢翼著』を読んだ感想|一つの事に魂を売れ!

buchinuku-tikara

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

与沢翼著『ブチ抜く力』を読みました。

発売から約3週間が経って購入した時には既に第2版となっており、発売後はAmazonの総合ランキング1位になるなど話題を集めています。

本記事では『ブチ抜く力』の情報と感想を書いていきます。

『ブチ抜く力』基本情報

『ブチ抜く力』とは

一つの事に魂を売り、ブチ抜いていこう。

※『ブチ抜く力』第1章ルール1の見出し文

『ブチ抜く力』とは、たった一つの結果のために魂を売ることを言います。

結果を出したいなら、魂を売るほどの作業と研究を重ねて最速・最短で成果を出すことにフォーカスする必要があることを書いた本です。

 

与沢翼とは

著者の与沢翼は、2018年に至るまでの4年間で以下の実績を残しています。

・仮想通貨に1億3500万円を投資して3ヶ月で27億円にし、そのうち14億円を利益確定して出金
・65日間で91.2kgから69kgまで22kgのダイエットに成功
・世界各地に計40戸、総額45億円分の不動産を全てキャッシュで購入
・世界有数のプライベートバンク、Bank of Singaporeに口座を開き500万ドル(約5億5000万円)分の社債を購入
・掛け金5億2000万円、保証32億円の生命保険に加入

桁がおかしすぎてついていけません…笑

莫大な資産を構築した秘訣、減量した秘訣を本著には惜しげもなく記されています。

 

目次

第1章:基本の法則 全ての根底にある大原則
第2章:ビジネスの法則 人と群れるな。誰とも組まず、単独で突っ走れ!
第3章:投資の成功法則 勝負は、チャンスが来る前から始まっている
第4章:健康の法則 一日一日を全力で。その積み重ねが大きな結果に繋がる!
第5章:情報収集の法則 情報収集も3週間。「一人突っ込み」を繰り返し、センターピンを掴まえろ!
第6章:未来予測の法則 これからの世界で起きることを予測し、逆算して今から動こう!

第1章:基本の法則

第1章では、全てのことに共通する原則が書かれています。

特に「最短・最速で結果を出す方法」や「センターピン(物事の本質)を掴む」ことに重きを置いて解説しています。

本著の中で最も重要とも言える項目になっています。

 

第2章:ビジネスの法則

第2章では「会社員として働くことへの苦言」や「ビジネスをする上で大切なこと」が書かれています。

これから一歩を踏み出したいという方に向けた内容になっています。

特にルール10はとても参考になりました。

 

第3章:投資の成功法則

第3章では、投資で成功するための具体的な方法について書かれています。

本著で最もページ数を割いている章でもあり、下手な投資の本よりも有益な情報が凝縮されていると思います。

これから投資を勉強したいという方は必見の項目です。

特にルール15はとても参考になりました。

 

第4章:健康の法則

第4章では、65日間で22kgのダイエットに成功した具体的な方法が書かれています。

ここでは第1章で書かれていたことをダイエットに応用したという感じで書かれています。

これからダイエットをしたいという方は必見の項目です。

 

第5章:情報収集の法則

第5章では『3週間』をキーワードに、与沢流の情報収集について書かれています。

ページ数は少ないですが、スタートダッシュの切り方から理論の組み方までわかるので大変参考になりました。

 

第6章:未来予測の法則

第6章では、これからの時代を読み、どのような人間が生き残れるのかについて書かれています。

『ブチ抜く力』をどのように使い、どのような方向性で発揮させたらいいのかのヒントが隠されているような気がします。

特にルール35はとても参考になりました。




『ブチ抜く力』感想

『ブチ抜く力』は、与沢さんの哲学とエッセンシャル思考が融合したような本でした。

『結果を出したいことに集中することで最短・最速の成果を出す』のは、まさにエッセンシャル思考そのものだなと思いました。

とことんストイックな姿勢に驚く

与沢さんは他人の意見を鵜呑みにせず、自分で調べて検証したことしか信じない方です。

自分が納得するまでトライアンドエラーを重ね、ようやく納得できるものができたと思っても批判意見などを予測して答えられるようにするまで自問自答を続ける。

とことんストイックな姿勢に驚きましたし、それくらいのことをしなければ結果を出すことはできないことも分かりました。

 

長期的視点よりも短期的視点

「1年後に10kg痩せる」
「1年後に100万円貯める」
「1年後にこの資格を取る」
などの目標を設定したものの、初志貫徹できた人はほとんどいないのではないでしょうか?

※『ブチ抜く力』第1章ルール2より

ごもっともすぎてぐうの音も出ません…笑

 

新しいことを始めても、ブチ抜く以前に継続できない人が多いように思います。

なぜなら、目標設定が長すぎるからです。

人間は長く継続するのが難しいので、目標は短くする方が達成しやすいと言われています。

そこで必要なのが『ブチ抜く力』ということです。




「最短・最速で結果を出す」ことにこだわった与沢さんだからこそ、常人では到底たどり着けないような富を築き上げることができたのだと思います。

努力量は半端ないことが分かりますし、実際に実践するには相当な苦労が必要とされることも容易に想像できます。

まさに『魂を売る』という表現がふさわしいと思いました。

 

『ブチ抜く力』お気に入りの項目

本著で特にお気に入りなのは、第1章全て(ルール1〜5)とルール10.15.35です。

ルール1:一つの事に魂を売り、ブチ抜いていこう。
ルール2:最短・最速で圧倒的な結果を出す。
ルール3:自分の幸せは「お金」の上に成り立っている事実を認めよ。
ルール4:センターピンを掴め。そして3週間、徹底的にやり切れ。
ルール5:成功したいなら人の意見は聞かず、ストイックに突き進め。
ルール10:共感を求めるな!全員の想定の圧倒的斜め上をいく結果を出せ。
ルール15:10年後の自分を見据えて投資をしているか?10年あれば、人な何者にでもなれる
ルール35:自分で自分を殺すな。空気を読み過ぎる奴は負けだ。

 

『ブチ抜く力』はこんな人におすすめ

  • なにかで結果を出したい
  • 努力のやり方を知りたい
  • 投資かダイエットで成功したい
  • 自分に自身がない
  • 周りの目が気になる

そんな方に読んでほしい本です。