【誰でも簡単】たった5分で1000円もらえる錬金術

【2021年5月家計】久々に納得がいく家計になった

この記事は約3分で読めます。

まさきです。

2021年5月の家計を公開します。

 

科目支出額内訳
家賃24,800円家賃:20,000円
その他:4,800円
電気代(4〜5月分)2,129円
水道代(固定)2,100円
ガス・灯油代(3〜4月分)2,492円
通信費7,445円固定Wi-Fi:3,828円
楽天モバイル:3,617円
交通費0円
食費・日用品代11,927円食費:10,607円
日用品:1,320円
カフェ代(作業代)2,820円
娯楽費2,834円映画:1,200円
書籍:1,634円
美容代0円
医療費0円
健康保険料0円
合計56,547円
▼イレギュラー支出▼
特別支出0円
年会費4,900円Amazonプライム年会費
生活費との合算61,447円

 

スポンサーリンク

 

総括

生活費は56,547円。目標の7万円を大きく下回り、久々に納得がいく生活費となった。

これだけ下がった理由は、娯楽費が極端に少なかったから。いつもは映画館で月間5本前後の映画を観るけど、5月は1本のみ。最近観たい映画少ないからねぇ。

 

食費

食費は毎月1万円以内におさめようとしているけど、今月は10,607円と若干オーバーした。

先月から完全自炊(食材から調理すること)を心がけているが、テキトーな惣菜とかパック食品を買っていたときと比べて食費はあまり変わっていない。

完全自炊にして8,000円を割ればいいなと思っていたが、一人暮らしならパック食品を買おうが食材を買おうがあまり変わらないのかなと思い始めてる。

ちなみに6月は趣向を変えて外食を楽しむ月間にするつもりなので跳ね上がる予定。

 

通信費

6月からはスマホ代が1年間無料になる。4月上旬まで行われていた楽天アンリミットのキャンペーンにギリギリ便乗したからだ。

楽天アンリミットはテザリングが無料なので、自宅Wi-Fiの解約を視野に入れている。最近は自宅でもテザリングしか使わないようにしているが、速度面で少し不満あり。

もし自宅Wi-Fiを解約したら通信費ゼロになる。0という数字にはトキメキを覚えるが、QOL下がりすぎる気もするので慎重に判断したい。

 

年会費

Amazonのプライム会員は一度解約したけど再入会した。

送料取られるのが地味に痛い。プライム会員だった頃は意識してなかったけど、小さなものを買うだけでも送料かかるし、そこにいちいち気を取られるのに煩わしさを感じた。

プライムビデオの見放題ラインナップも充実してきたし、これなら年額4,900円払った方が色々と得だなと思って再入会。

 

タイトルとURLをコピーしました