旅行

『ウエストエクスプレス銀河』JR西日本の新長距離列車まとめ

west-express-galaxy

 

JR西日本が2020年春に『ウエストエクスプレス銀河』を運行させる意向を発表しました。

車両・車内・区間・料金などの現在わかっている情報に加え、過去の寝台特急との繋がりを感じるところをまとめました。

『ウエストエクスプレス銀河』とは

west-express-galaxy1
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河とは、JR西日本が2020年春の運行開始を予定している新たな長距離列車です。

西日本各地に点在する自然・文化・食などの豊かな資源を星になぞらえて『銀河』と名付けました。

エクステリアカラーは、西日本の美しい海や空を表す瑠璃紺(るりこん)色を採用しています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』コンセプト

「銀河」とは、広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指します この列車が運転する西日本エリアを宇宙に、各地の魅力的な地域を星になぞらえ それらの地域を結ぶ列車という意味を込めました

WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

 

『ウエストエクスプレス銀河』導入の意図

『鉄道の旅の楽しさを知っていただき、リピーターのお客様を増やしたい』

JR西日本はウエストエクスプレス銀河を導入して目指すところだと発表しています。




『ウエストエクスプレス銀河』車両は?

車両は現行されている117系車両を改造したものになります。

『117系』とは

117
国鉄117系電車(Wikipedia)より

117系車両は、1979年から製造された車両です。

現在は東海道線・湖西線などの普通列車に使われています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』外観

west-express-galaxy1
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

『ウエストエクスプレス銀河』のエクステリアカラーは、西日本の美しい海や空を表す瑠璃紺(るりこん)色を採用しています。

 

Blue Train
ブルートレイン(Wikipedia)より

かつて上野駅〜札幌駅で運行されていた『ブルートレイン』を彷彿とさせるようなデザインになっています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』編成

west-express-galaxy3

west-express-galaxy3
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

『ウエストエクスプレス銀河』は6両編成です。

上の画像は1〜3号車、下の画像は4〜6号車となっています。




『ウエストエクスプレス銀河』車内は?

車内デザインは以下の通りです。

『ウエストエクスプレス銀河』6両編成の概要

west-express-galaxy2
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

座席設備

号車 設備名 愛称名
1号車 グリーン車指定席 ファーストシート
2号車 普通車指定席(ノビノビ座席・女性席) クシェット(女性席)
3号車 普通車指定席(コンパートメント) ファミリーキャビン
5号車 普通車指定席(ノビノビ座席) クシェット
6号車 グリーン個室 プレミアルーム

 

フリースペース

号車 愛称名 コンセプト
3号車 明星(みょうじょう) 読書や語らいなど、静かにゆったりとお過ごしいただくスペース
4号車 遊星(ゆうせい) 夜間も明るく、にぎやかに遊び・楽しめるスペース
6号車 彗星(すいせい)  乗務員室横ならではの流れゆく風景をご覧いただけるスペース

 

1号車【ファーストシート】

First car
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

1号車は『グリーン車指定席』となっており、『ファーストシート』という愛称がつけられています。

 

2号車【クシェット(女性席)】

2nd car
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

2号車は『普通車指定席(ノビノビ座席・女性席)』となっており、『クシェット』という愛称がつけられています。

なお、こちらは女性席となっています。

 

3号車【ファミリーキャビン

3rd car
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

3号車は『普通車指定席(コンパートメント)』となっており、『ファミリーキャビン』という愛称がつけられています。

ファミリー向けの車両であることが伺えます。

 

3号車【明星(みょうじょう)】

Mystery
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

3号車は普通車指定席の他に『明星』という愛称のフリースペースがあります。

 

4号車【遊星(ゆうせい) 】

Planet
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

4号車は『遊星』という愛称のフリースペースになっています。

 

5号車【クシェット】

3rd car
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

5号車は『普通車指定席(ノビノビ座席)』となっており、『クシェット』という愛称がつけられています。

2号車と同じですが、こちらは男性もご利用できる座席となる予定です。

 

6号車【プレミアルーム】

6th car
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

6号車は『グリーン個室』となっており、『プレミアルーム』という愛称がつけられています。

 

6号車【彗星(すいせい)】

Comet
WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本より

6号車は『彗星』という愛称のフリースペースになっています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』区間は?

京阪神を起点に山陽・山陰地方を巡るルートを想定しており、具体的な運行区間は今年末以降に公表するとしています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』料金は?

料金は未定となっており、運行区間と同様に今年末以降に公表するとしています。

 

『ウエストエクスプレス銀河』関連の寝台列車

寝台特急『銀河』

Galaxy
銀河 (Wikipedia)より

『ウエストエクスプレス銀河』の『銀河』は、かつて東京駅 – 大阪駅間で運行されていた寝台特急『銀河』から取ったものだと想定されています。

『銀河』とは、1949年(昭和43年)9月15日から東京駅~大阪駅間の急行列車として運行を開始し、1950年には東京駅〜神戸駅まで延伸。

1972年に東京〜大阪間に統一し、2008年3月15日に運行が廃止された列車です。

 

寝台特急『明星』

Mystery
なは(Wikipedia)より

4号車に『明星』と名付けられたフリースペースがあります。

『明星』とは、1968年(昭和43年)10月1日から新大阪駅~熊本駅間の寝台特急として運行し、1990年3月10日に運行が廃止された列車です。

 

寝台特急『彗星』

Comet
彗星(Wikipedia)より

6号車に『彗星』と名付けられたフリースペースがあります。

『彗星』とは、1968年(昭和43年)10月1日から新大阪駅〜宮崎駅間の寝台特急として運行し、2005年10月1日に運行が廃止された列車です。

 

『明星』と『彗星』の愛称は、かつての寝台列車から取ったものだと想定されています。