ブログ/SNS

関連コンテンツ解放!解放までのPV数・記事数・収益・戦略を暴露します

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

ブログを始めて約7ヶ月、ついにGoogleアドセンスの関連コンテンツが解放されました!

関連コンテンツ

関連コンテンツとは、Googleアドセンスが提供しているユニット型の広告ツールです。

関連コンテンツユニット内には自分のブログ記事と広告を織り交ぜて表示できるため、ブログ回遊率の向上や収益の増加を期待できます。

 

本記事は、関連コンテンツが解放されるまでのPV数・記事数・収益・戦略を書いた記事になっています。

これから関連コンテンツ解放を目指す方は参考にしていただければ嬉しいです。

関連コンテンツ解放の通知は来る?

Googleアドセンスのトップ画面に通知が来ます(来ない方もいるみたいです)。

以下、ぼくが経験した通知の流れを書いていきます。

関連コンテンツ解放通知の流れ

関連コンテンツ  通知1

(お、通知が来てる)

 

関連コンテンツ  通知2

(最適化…これはもしや…)

 

関連コンテンツ  通知3

 

(よっしゃあああああ!!!)

 

という感じになるのが普通だと思いますが、ぼくは毎日広告ユニットをチェックしていたので通知が来る前に知りました。笑

通知で知る方がワクワク感が一層高まると思うので、通知で知りたかったなぁ…

 

関連コンテンツ解放の条件

Googleアドセンスの回答

Googleアドセンスは、関連コンテンツを使える条件を以下のように提示しています。

関連コンテンツ ユニットのご利用要件

関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツで快適なユーザー エクスペリエンスを提供する目的で定められています。関連コンテンツ ユニットを作成できるかどうかは、AdSense アカウントの [広告] ページで確認してください。

サイトの状況に応じて、ご利用資格は次のいずれかになります。

利用資格 意味
現在関連コンテンツ ユニットを利用できません サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしていません。
関連コンテンツ ユニットを利用できます サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしています。また、関連コンテンツに表示されるおすすめコンテンツの間に、広告が表示されます。[広告で収益化] は、関連コンテンツ ユニットを作成または編集した時点でデフォルトでオンになりますが、広告を表示したくない場合はオフに切り替えられます。

なお、サイトで広告収益があまり上がっていない場合は、[広告で収益化] がオンになっていても、関連コンテンツ ユニットには広告が表示されません。

※引用:関連コンテンツ機能について

 

  • 特定の要件を満たすサイト運営者様のみ利用できる
  • サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要がある

関連コンテンツを解放するには上記が必須になります。

 

関連コンテンツ解放までに何をすればいい?

で、具体的に何をすれいいの?

具体的な解放条件は明示されていませんが、個人的な意見としては「トラフィック量」という言葉が重要な気がしています。

トラフィック

インターネット上を移動するデジタルデータの情報量のことなど。アクセスの量としても使われる。
1つのサイトで複数の訪問者が同時間帯に様々なページを回遊したり、データをダウンロードしたりする状況を「トラフィック量が多い」などという場合もある。

※引用:ブログパーフェクト用語集

 

  • サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要がある

言葉を言い換えると、一定の記事数とアクセス数を保ちつつ、ブログ内の回遊率を高めることが関連コンテンツを解放させる条件なのだと思います。

 

アナリティクス  直帰率

こちらは当ブログの直帰率ですが、一時期は80%を超えたり60%台になったりと不安定でしたが、4月に入ってからは70%台後半を推移しており、わりと安定的です。

回遊率を高めるために意識したこともありますが、詳しくは後述します。

 

回遊率の確認

回遊性はGoogleアナリティクスで確認できます。

アナリティクス

ざっくりとした数字なら「直帰率」で分かります。

直帰率とは、他の記事へ行かずに離脱した割合を指すので、回遊率はその逆になります。

つまり、直帰率が70%なら回遊率は30%ということです。

さらに細かい数字や読者の行動を分析したい場合は、アナリティクス内の「行動」タブから確認できます。

関連コンテンツ解放までの期間

当ブログは2018年8月頃に開設し、記事をアップし始めたのは9月3日からです。

関連コンテンツが解放されたのは2019年4月8日なので、解放までにおよそ7ヶ月かかりました。

 

7ヶ月か…長いな…

と思うかもですが、ぼくが知っている中では4ヶ月くらいで解放された方もいます。

それに大事なのはブログ運営期間ではありません。

 

ブログ運営期間よりも大事なこと

ブログの運営期間はそこまで重要だとは思っておらず、大事なのはGoogleが提示している解放条件です。

  • 特定の要件を満たすサイト運営者様のみ利用できる
  • サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要がある

遅かれ早かれ、ここまでの域に到達しないと関連コンテンツ解放はないでしょう。

結局大事なのは作業量ということですね。

 

関連コンテンツ解放までのPV数

関連コンテンツが解放された時点でのPV数(4月7日まで)は累計38,381PVです。

3月は17,170PV、2月は5,872PV、それ以前はもっと低いです。

ちなみに4月のPV数は現在(4月8日)のところ9,117PVです。

 

月間1万PVが指標?

よくある意見として、月間1万PVが解放の基準という話があります。

多くの方は月間1万以上のアクセスを集めてから解放されていますが、中には1万PVにたどり着かなくても解放されている方もいます。

色々なアルゴリズムが絡んでいると思うので一概に判断するのは難しいですね。

一つの指標として1万PVを目指すのはいいと思います。

 

関連コンテンツ解放までの記事数

関連コンテンツが解放された時点での記事数(4月7日まで)は累計136記事です。

途中10記事くらい削除しているので、それを含めると約150記事くらい書いてきました。

 

100記事が指標?

よく最低でも100記事は必要という話を聞きます。

確かに多くの方は100記事以上作ってから解放されていますが、中には100記事なくても解放されている方もいます。

これもGoogleが発表している情報ではないので、確かなことは不明です。

 

関連コンテンツ解放までの収益

さて、みなさんが気になるのは収益ではないでしょうか?笑

ざっくばらんに公開します。

 

グーグルアドセンス 収益

関連コンテンツが解放された時点での収益(3/31日までの確定分)は累計10,712円です(金額はアドセンスのみです)。

3月にアドセンス支払い基準額の8,000円を超えました。

 

 

<追記>

4/22に振り込まれました。

グーグルアドセンス  振込

収益が確定していれば公開しても規約違反にならないので公開しています。

 

支払い基準額に到達するのが指標?

支払い基準額(8,000円)に到達する必要があるかもという話を聞きます。

これも人それぞれ違うようで、中には基準額に到達せずとも解放されている方もいます。

Googleは解放の条件にアドセンス収益については触れていないので、もしかしたら関係ないんですかね…?

とはいえ関連コンテンツはアドセンスが提供しているものなので、何かしら繋がりはありそうですが、詳しくは不明です。

 

具体的な数値は公表されていない

つまるところ、関連コンテンツ解放の条件は数値で測ることはできません。

それはPV数・記事数・収益の全てに共通です。

解放条件はGoogleのみぞ知ります。

 

関連コンテンツ解放までに考えた戦略

ぼくは関連コンテンツ解放を目標にしてきました。

ただ解放を待つのではなく、それなりに色々なことを考えては試してきました。

戦略と言うには少し大げさですが、ぼくが実際に考えて実行した戦略は以下の通りです。

  • 回遊率を上げる
  • 検索流入を増やす
  • カテゴリーの整理

それぞれ詳しく解説していきます。

 

回遊率を上げる

先に結論を言っておくと、回遊率を上げることに成功したとは言えません。

アナリティクス  直帰率

先ほどの画像と同じですが、回遊率はあまり高い方ではないことが分かります。

ただ、最近は80%以上になることが減りました。

これは偶然なのか戦略を練ったからなのかは正直不明ですが、回遊率アップのためにやった具体的なことは以下の通りです。

  • 内部リンクを貼る
  • 特定のジャンルを強化させる

 

内部リンクを貼る

内部リンクを貼ることが回遊率を上げる一番効果的な方法だと思います。

記事の途中でも、関連記事が他にあれば容赦なくリンクを入れ、少しでも自分のブログに興味を持ってもらえるようにしました。

賛否あるかもですが、記事を最後まで読んでもらうことは二の次でいいと考えていました。

それよりも色々な記事に目を触れさせる機会を作ることに重きを置いていました。

 

特定のジャンルを強化させる

当ブログでは、たまたまPVが伸びた記事がありました。

それが以下の記事です。
>>【99%オフあり】タイムバンクのセールが破格すぎる【招待コードあり】

タイムバンクというアプリについて書いた記事ですが、これが伸びてくれたので関連記事を15記事くらい作り、サイトの回遊率を上げようとしました。

この戦略はうまくヒットしてくれ、PVが急増するきっかけになりました。

ブルーオーシャンを攻めれたのも大きな理由かもしれません。

 

検索流入を増やす

検索流入を意識するまではSNS流入が主でした。

しかし、SNS流入では関連コンテンツ解放の条件を満たす日は遠いのでは?と思ってから検索を重視するようにしました。

検索流入を増やすために行ったことは以下の通りです。

  • ブログコンセプトを無視
  • トレンド記事を書く

 

ブログコンセプトを無視

当ブログは、ミニマリスト・断捨離・節約・働き方にフォーカスを当てたブログです。

しかし、検索流入が欲しかった自分にとってこれらはパンチが弱めでした。

そこで、一旦ブログコンセプトを無視し、検索されやすそうな記事を書きました。

その結果、検索流入からのPV数は激増し、今では9割が検索流入になりました。

 

最近は好き勝手にやりすぎたのでブログが散らかりましたが、好き勝手したことで学べたことがとても多く、初めてブログで手応えを感じられました。

ブログコンセプトから脱線するのは勇気がいりますが、なかなか成果が出ないブログ初心者は色々なジャンルを書いてみると視野が広まると思います。

PVアップのコツを掴めるようになってから書きたいことを書くのもアリだと思います。

 

トレンド記事を書く

ブログのコンセプトを無視して何をしたかと言うと、トレンド記事を書くことです。

トレンド記事はスピード勝負なので、早く書けば書くほどアクセスが集まります。

 

ぼくが挑戦した最初のトレンド記事はこちらです↓
>>『ウエストエクスプレス銀河』JR西日本の新長距離列車まとめ

当ブログとは全く関係ない鉄道ネタです。

2020年に運行開始予定の『ウエストエクスプレス銀河』という長距離列車が発表され、これなら書けるかもと思って書いたら、公開後1日で400アクセス近く来ました。

もちろん検索流入です。

トレンドの強さを知り、そこからトレンドをいくつか攻めてみたらPV数は今までと桁違いに伸びました。

 

ちなみに、記事を書いた後は必ずサーチコンソールから「フェッチ」をかけるようにしましょう。

フェッチをしないとGoogleにインデックスされるのが遅くなり、圧倒的に損をします。

 

カテゴリーの整理

最後にカテゴリーの整理をしました。

ブログ カテゴリー

現在の当ブログのカテゴリーはこんな感じです。

整理する前は1記事しかないカテゴリーが多くあったので、それらを他に移動させて最低でも各カテゴリー2記事ある状態にしました。

これが功を奏したのかは不明ですが、翌々日に関連コンテンツが解放されました。

ユーザビリティが良くなりますし、サイトマップの観点からもSEOにいい影響があったのかもしれません。

 

関連コンテンツ解放には戦略か目的が必要

Googleが提示している関連コンテンツ解放の条件をおさらいしましょう。

  • 特定の要件を満たすサイト運営者様のみ利用できる
  • サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要がある

 

次に、関連コンテンツが解放した時のブログ運営状況です。

  • ブログ運営期間:約7ヶ月
  • 累計PV:38,381PV
  • 月間PV(最大):17,170PV
  • 累計記事数:136記事
  • 累計収益:10,712円(アドセンスのみ)

 

ここまでPVを伸ばして回遊性を少しは安定させられるようになったのは、戦略的にブログを運営するようになってからです。

書きたいことだけ書いて関連コンテンツを解放させてる方もいますが、初心者のうちからそれを目指すのは解放まで時間がかかるかもしれません。

Googleが提示している条件をクリアしない限りは関連コンテンツを解放できないので、戦略とまでいかなくても目的を持って記事を書く必要はあると思います。

解放されるまでの道のりは楽ではありませんが、一歩先のブログを目指すなら関連コンテンツ解放に挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

https://sawa-masaki.com/blog-updated-every-day-30/

https://sawa-masaki.com/blog-can-not-write/