ミニマリスト

ミニマリストは節約の才能に満ち溢れている3つの理由【お金は重要】

ミニマリストは節約の才能がある

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

僕はダンボール3箱分の持ち物と月5〜7万円の生活費で暮らしているミニマリストです。

 

ミニマリストと節約の相性は抜群です。

ミニマリストはモノへのこだわりとムダへの意識が人一倍強い傾向があります。

そのこだわりと意識をモノからお金に向けることができれば、すぐにでも節約を意識した生活ができると思います。

本記事では、ミニマリストが節約に向いている理由を解説していきます。

節約の重要性について

本題に入る前に、まずは節約の重要性について少し書かせてください。

 

節約は人生を生きやすくする上でトップクラスに重要なことです。

なぜなら、生活とお金の関係は切ろうと思っても切り離せないからです。

 

お金は人生でトップクラスに大切なこと

日本では『お金よりも大事なものがある』という言葉が美徳という文化があると思います。

確かに間違いではないと思いますが、だからといってお金を疎かにするのは別問題です。

お金は人生で一番大切とまでは言いませんが、トップクラスに大切なことであるのは間違いありません。

 

お金を貯めるには稼ぐよりも節約する方が簡単

生きるためにお金が必要なのは言うまでもないですし、誰もが欲しいと思って当然のものです。

お金を増やすには『給料を上げる』『副業を始める』が有力だと思いますが、どちらも簡単にできることではありません。

しかし、節約は少しの意識で誰でも簡単にできます。

例えばスマホ代が月10,000円だとすれば、格安SIMに乗り換えるだけで2,000円くらいに抑えることができます。

この場合、月8,000円・年間96,000円を節約できる計算になります。

このように、少しの工夫と知識さえあれば、大きな節約をできることもあります。

 

でも自分にはそんな知識ないし…

最初から知識がないのは当然のことですし、自ら情報を必要としない限りは知識を吸収できません。

「もう少しスマホ代を抑えたいな…」とか思った時はチャンスです。

少し調べれば情報はいくらでも出てくるので、少し面倒ですが調べて実践したらそれだけでかなりの節約に繋がることもあります。

これらは給料を上げたり副業で稼ぐよりもはるかに楽で誰でもできます。

 

年金だけでは生きれない世の中になる

最近、麻生太郎金融担当相が『退職後に2000万円不足する』と言及したことが話題になっています。
>>退職後2000万円不足も 麻生大臣 資産形成考えて…

自力で2,000万円を集めろと言われるような時代に必要なのは節約だと思います。

普通は資金を増やすことを考えますが、支出を減らすのもある意味同じことです。

今がよければいいのではなく、将来のことを考えて今からできることをするのが賢明だと思います。




ミニマリストは節約の才能に満ち溢れている3つの理由

以下の通りです。

  • ムダへの意識が強い
  • 断捨離したことがある
  • すでに節約できている

それぞれ解説していきます。

 

ムダへの意識が強い

ミニマリストはムダへの意識が強い傾向にあります。

それはモノに対してだったり、日常生活や家事に対してだったりと人それぞれです。

そのムダへの意識を生活費に向けると、ムダな支出を洗い出すことができます。

もちろんある程度は生活費(ミニマムライフコスト)の計算をする必要がありますが、生活費の把握はムダな支出を見つけるためには欠かせません。

生活費のムダを見つけるために、ぜひ一度ミニマムライフコストを計算することをおすすめします。

ミニマムライフコスト
ミニマムライフコストとは?生活費を計算すればお金の不安を無くせるミニマムライフコストとは、生活するのに必要な最低限のお金のことです。ミニマムライフコストを知ることで、一ヶ月にどれくらい稼げばいいかがわか理、自分がどこでお金を使っているかがわかるようになります。自分のお金を管理できるようになると、お金に対する漠然とした不安が和らぎます。...

 

断捨離したことがある

断捨離をしたことがあるのは大きなアドバンテージになります。

なぜなら、無駄を見つけられるスキルと捨てられる勇気があるからです。

 

生活費でも同じで、生活費を洗い出してみれば「あ、ここはムダかも」という発見をできると思います。

そしてムダを見つけたら改善しようとできるのもミニマリストの強みです。

参考までに、節約できそうなポイントをまとめた記事がありますのでご参考ください。

cost-of-living
【節約まとめ】固定費と変動費を分けて考えると節約のやり方が分かる固定費と変動費から節約する方法をまとめました。本記事は「節約したいけどやり方がわからない」というお悩みを持った方へ書いた記事になっています。...

 

すでに節約できている

ミニマリストは最小限のモノしか持たない生活をしています。

自分に必要なモノを理解していて、無駄なモノは買いません。

無駄なモノを買わないということは、見方を変えると節約できているということになります。

買い物をするときはモノの必要性をちゃんと考えられるので、ミニマリストは普通の人と比べて支出が少なく、節約できていることが多いです。

意識的に節約できるようになれば、さらに金銭的余裕が生まれるようになるはずです。




今日から節約を始めるためには

とはいえ、いきなり節約した方がいいと言われても節約のやり方がわからなかったり、継続できるか不安に思うかもしれません。

そんな時は、最初は簡単なことから始め、徐々に具体的な節約のやり方を学んでいくことをおすすめします。

 

まずは簡単なことからはじめる

最初は簡単なことからはじめることをおすすめします。

  • 用事がなければ店に入らない
  • コンビニに行かない
  • 自動販売機を利用しない

例えばこんな感じで、日常生活の行動を少し変えてみるだけでも支出の機会を減らすことができます。

詳しくは以下の記事に書いています。

節約初心者におすすめの節約術5選|節約は人生を楽にすると断言します節約初心者におすすめの節約術を5つ紹介した記事となっています。節約すると人生が楽になる断言します。なぜなら、節約をすることで資産が減ることがなくなるからです。節約するためには、まずは無駄を削るという意識を持つことが重要です。...

 

節約の具体的なやり方

具体的な節約のやり方を知りたい。

節約のやり方を書き出すと膨大な文字数になるので、以下に節約のやり方・考え方を書いた記事をまとめています。

無駄な支出を減らす節約術
無駄な支出を減らす節約術まとめ 無駄な支出を減らすために僕が実践した節約の方法と考え方を書いた記事をまとめました。 参考になることがあれば幸いです...

 

ミニマリストは節約できる才能がある

いかがでしたでしょうか。

  • ムダへの意識が強い
  • 断捨離したことがある
  • すでに節約できている

ミニマリストにはこれらの資質や経験があるので、断捨離で培ったムダを見抜く目を生活費に向けることで節約できるのではないかと思います。

 

もちろん無理に節約する必要はないですが、本記事のはじめに書いた節約の重要性を振り返るとやった方がいいことは間違いないです。

  • お金は人生でトップクラスに大切なこと
  • お金を貯めるには稼ぐよりも節約する方が簡単
  • 年金だけでは生きれない世の中になる

これらのことは超重要なので、繰り返し読んでほしいところでもあります。

節約は身につけて損のないスキルなので、自分の得意を活かして節約してみませんか?