ミニマリスト

【ミニマリストが解説】ミニマリストになるメリットとデメリット

 

ミニマリストにはどのようなメリットとデメリットがあるの?

このような疑問にお答えします。

 

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

ミニマリストの生活にはいいことが沢山ありますが、工夫しないと困ることがあるのも事実です。

これはミニマリストになってみないと分からないところが多く、これから目指したい方にとっては未知の世界だと思われるのが普通です。かつての僕もそうでした。

 

本記事では、僕がミニマリストになって思ったメリットとデメリットを解説していきます。

これからミニマリストになりたいという方の参考になればと思います。

ミニマリストになるメリット5選

ミニマリスト メリット

以下の通りです。

  • 自分に不要なモノが分かる
  • 部屋を綺麗な状態に保てる
  • 日常生活の選択肢が減る
  • 買い物の機会が減る
  • 自由な時間が増える

 

自分に不要なモノがわかる

モノを減らすと、自分に不要なモノが分かってきます。

不要なモノが分かると以下のメリットがあります。

  • 無駄な買い物が無くなる
  • 収納家具を減らせる

 

無駄な買い物が無くなる

食品にしても家具家電にしても『なんとなく買う』という気持ちが無くなります。

モノが増えることへの意識が高くなるのもありますが、買う意味をはっきりさせなければ結局ゴミになる可能性があると考えるようになります。

 

収納家具を減らせる

収納家具を減らすということは、新しくモノを迎え入れる場所を減らせるということになるので、モノが増えにくくなります。

例えば収納棚を一つ減らせたらその分部屋が広くなるので、自由なスペースが生まれます。

逆に、あえて最初に収納家具を手放して断捨離を捗らせるという方法もあります。
>>【上級者向け】最短でミニマリストになるには、収納家具を手放すこと

 

部屋を綺麗な状態に保てる

部屋が散らかる根本的な原因は、モノを持ちすぎていることにあります。

当たり前ですが、モノが少ないと部屋が散らかることはありません。

僕は『床にモノを置かない』ことを徹底していますが、掃除はめちゃくちゃ楽ですし、探し物で悩まされることもありません。

部屋が綺麗で損したことは一度もありません。

 

日常生活の選択肢を減らせる

モノが少なくなると、日常生活での選択肢を減らせます。

例えば服をたくさん持っていたら「今日はなんの服を着ようかな?」という選択肢が生まれます。

選択肢は多いほど悩みやすく、着る服を決めるまでに時間がかかります。

選ぶことが楽しいならいいですが、選ぶのに煩わしさを感じながら沢山の服を所有しているようであれば思考を無駄遣いしていると思います。

Apple社の元CEOスティーブ・ジョブズ氏は、毎日同じ服を着ていたという話があります。
これは「決断回数を減らす」ことが目的とされており、朝起きてどの服を着るかということに選択肢を持ち込まないという考えです。
>>参考:世界の成功者たちが「毎日同じ服を着る」興味深い理由

 

このような選択肢を減らすためには、モノを手放すのが最も有効的です。

ミニマリストになれば、日常生活でのあらゆる選択肢を無くし、生活をシンプルにすることができます。

 

買い物の機会が減る

ミニマリストはモノをそこまで必要としていないので、買い物の機会そのものを減らせます。

これによるメリットは以下の通りです。

  • 時間ができる
  • 支出が減る

 

時間ができる

買い物の時間を他のことに充てることができます。

スーパーやコンビニに行く時間だけでなく、通販を見る時間も減らせるので、思った以上に時間を作ることができます。

 

支出が減る

買い物をしないということは、支出しないということです。

スーパーや通販巡りをしていると様々な商品を目にするので、余計な物欲が湧いてしまうことがあります。

また無駄遣いしてしまった…

ということを減らすことができます。

 

自由な時間が増える

ミニマリストになるとやることが少なくなります。

『モノが少ない = 管理するものが少ない』なので、管理に手間はかかりませんし片付けも楽です。

 

でも、モノを少なくして困ることはない?

必要なモノまで手放さなければ困ることはほぼありません。

例えば洗濯機を手放して洗濯板で洗濯をするようになったり、掃除機を手放して雑巾掛けをするようになったら手間です。

かえって不便な生活を招くような断捨離さえしなければ、モノが少なくて困ることはほぼありません。




ミニマリストになるデメリット3選

ミニマリスト デメリット

以下の通りです。

  • 暇になりすぎる
  • 来客を呼びにくい
  • 災害時に弱い

 

暇になりすぎる

ミニマリストになると自由な時間は増えますが、逆に趣味がないと暇になります。

やりたいことがないと、ただ退屈な時間が過ぎるだけという苦痛な状態になりかねません。

やることなさすぎてダラダラとスマホいじるのはなんかもったいないですよね…

 

時間ができるということは、何か新しいことを始めるチャンスです。

将来のために何か勉強するのもいいですし、趣味を存分に楽しむのでもいいです。

せっかく時間が確保できるので、何か有意義な時間の使い方ができるようになればミニマリスト生活を楽しめるようになると思います。

 

ちなみに、ミニマリストにおすすめの趣味は以下の通りです。

  • 映画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • 読書

このあたりはデジタルでも楽しめる趣味の代表格です。

 

来客を呼びにくい

ミニマリストはモノが少ないので、誰かが家に来てもやることがなくて困ります。

娯楽用品がないと退屈させてしまうので、来客があるときは少し工夫が必要です。

 

また、食事するときは来客用の食器類がないという事態にもなりかねないので、一人分のモノしか持っていない場合は買い足しが必要になることもあります。

来客が一泊するとなった場合はさらに苦労することになります。

一人分のベッドやマットレスで生活しているミニマリストは来客用の寝床を考えなければいけません。

というか、気楽に来客を呼べません。

 

災害発生時に弱い

もし災害が起きた場合、モノが少なくて苦労するかもしれません。

災害のレベルにもよりますが、もし停電や水道が止まったらコンビニに急行しなければ食料が無くて死活問題になりかねない場合があります。

もしもの時に備え、ある程度の災害対策は練っておく必要はあるでしょう。

僕はフルグラと常温保存できる牛乳を常備しています。
refrigerator-none
冷蔵庫を持たないミニマリストの食生活と常備している食品9選冷蔵庫を持たないミニマリストの食生活と常備している食品を9個ご紹介します。冷蔵庫を持ってないと言うと驚かれることが多いですが、ぼくは特に必要性を感じていないので持っていないだけです。...

 

ミニマリストはプライベートを充実できる生き方

いかがでしたでしょうか?

ミニマリストのメリット
  • 自分に不要なモノが分かる
  • 部屋を綺麗な状態に保てる
  • 日常生活の選択肢が減る
  • 買い物の機会が減る
  • 自由な時間が増える

ミニマリストはメリットが多いです。

モノが少ないのは不便を招くと考えられがちですが、実はこれだけのメリットが隠されていると少しでも知っていただけたら嬉しいです。

 

ミニマリストのデメリット
  • 暇になりすぎる
  • 来客を呼びにくい
  • 災害時に弱い

ミニマリストはデメリットもありますが、少しの工夫で克服できるレベルのものばかりです。

最初から生活必需品を断捨離しようとしなければ、モノが少なくて困ることは稀だと思います。

 

ミニマリストはプライベートを充実できる生き方だと思います。

本記事に書いてあるのは僕の主観が混ざったメリットとデメリットなので、自分だったらどうかなと照らし合わせながら考えてみてください。

 

ミニマリストになりたいと思ったら実践したい7つのこと
ミニマリストになりたいと思ったら実践したい7つのこと【僕がミニマリストになった方法を解説】「ミニマリストになりたいけど、何をすればいいのかわからない」というお悩みにお答えします。本記事では、僕が実践した方法を基に、ミニマリストになるために実践したいことを7つ解説しています。...