思考

人生の難易度を下げる3つの方法

 

どうも、会社を辞めたことで人生の難易度が下がったマサキ(@sawa_masaki_)です。

 

人生って難易度高くね…?もっと楽に生きれる方法ないの…?

という疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

人生、楽できるのであれば楽したいですよね。そう思って当然だと思います。

というわけで、人生の難易度を下げるにはどうしたらいいのかを考察してみました。

 

先日、以下のツイートをしました。

このツイートを参考にしつつ、人生に難易度を下げるヒントをお伝えしていきます。

 

🖋この記事の内容

・人生の難易度とは
・人生の難易度を下げる3つの方法

 

人生の難易度とは

そもそも”人生の難易度”ってなんぞや?

人生の難易度を構築しているのは、以下の3つです。

  1. 世間体
  2. ストレス
  3. 目標設定

では、一つずつ解説していきます。

 

世間体

世間体を気にしすぎると、人生の難易度がグンと上がることがあります。

 

世間体を構築しているのは、主に以下の要素です。

職業・役職・収入・学歴・資格・結婚・家庭

他にもあると思いますが、ざっくりまとめるとこんな感じです。

このように、社会から見た自分のステータスを表したものが”世間体”です。

 

人間は自分の体裁を守りたがる傾向があります。そのために一番説得力があるのは、世間体を良くすることです。

 

例えば仕事。

「世間体を気にして大企業へ就職するも、本当は自分のやりたい仕事ではない」

そのような状況に陥っているのであれば、それは自分のための人生ではなく、他人の目線のための人生になっています。

他人の目線を最重要視して生きていると、「なんか人生難しいな…」と思うのは当たり前です。

それでは自分の思うように生きることが困難ですし、生きている意味を喪失することにもつながり、より人生の難易度が上昇してしまいます。

 

つまり、他人の目を気にしながら生きるのは窮屈なので、他人の目を気にせずに生きれるようにあれば人生の難易度はガクンと落ちます。

これは決して簡単なことではないですが、もし何か一つでも気にすることがなくなれば、精神的にだいぶ楽になれますのでおすすめです。

ちなみに僕は会社員という身分を捨て、だいぶ精神的に楽になれました。

retirement-determination-reason
【嘘偽りなし】25歳で退職を決意した理由を本音で打ち明けます25歳で退職を決意した理由を嘘偽りなく書いています。会社を退職するのは勇気がいりますよね。ぼくも退職を決意するまでに半年近くかかりましたが、あることを思って退職を決意できました。...

 

ストレス

ストレスを抱えることで、人生の難易度がグンと上がることがあります。

ストレスを抱える原因は多岐に渡りますが、ほとんどの場合は人間関係が原因ではないかと思います。

 

人間には”感情”があります。

人間の”感情”がぶつかり合った時にストレスは発生します。

特に、”怒り”の感情を持った時、もしくは受け取った時にストレスを抱え込みやすくなります。

 

じゃあどうすればストレスを解消できるの?

「あ、これはストレスだ」と自覚したら、違うことを考えたりするとストレスが消えることもあります。

つまり、嫌なこと脳内から逃すだけでもストレスを抱え込みにくくなりますので、もし怒られた場合とかはすぐに違うことを考えることをおすすめします。

http://sawa-masaki.com/get-angry-scolded/

 

極論を言えば、人間関係を無くすことでストレスを抱える機会は圧倒的に低くなるのですが、そんなことを言ってもしょうがないので、親密になりすぎず希薄になりすぎすという距離感を保つのが一番ストレスを抱えにくいと思います。

 

目標設定

目標設定をあまりに高く設定してしまうと、人生の難易度が格段に上がります。

 

来月は頑張ってブログを100本書くぞ!!

例えば、ブログ初心者がこのような意気込みをしたところで、実現性がありません。一ヶ月で100本となると、プロでもかなりレベルが高いと思います。

まずは自分の実力を把握し、達成できそうな目標を設定することを心がけ、徐々に目標を上げていくのをおすすめします。

42,195kmのマラソンを走るよりも、100m走の方が誰でも達成できますよね?それと同じように、スタートとゴールの距離が長すぎる目標を立ててしまうと、途中で挫折してしまう確率も高くなります。

あえて短距離走を完走できるような目標設置をする方が継続性はありますし、ゴールが見えやすくなることでモチベーションが上がりやすいです。

 

よくありがちなのが、目標を公言することです。いわゆる”有言実行“というやつですね。

これには自分を追い込んでやる気を出すというメリットもありますが、誰にでも向いているやり方とは言えません。

もし、有言したのはいいものの、”やらなくてはいけない”というプレッシャーに感じてしまう方は、”無言実行”をおすすめします。

無理してもあまりいいことはありませんので、あえて”無言実行”の姿勢で物事に取り組むのもいいかもしれません。

 

人生の難易度を下げる3つの方法

人生の難易度とはどのようなことかが分かったら、次はどのようにすれば人生の難易度を下げられるのかを考えてみましょう。

  1. やりたくないことを排除する
  2. 生活をルーティン化させる
  3. 自動化を図る

こちらも一つずつ解説していきます。

 

やりたくないことを排除する

まずは自分が”やりたくない”と思うことを明確化し、やらないようにすることで人生の難易度がガクッと下がることがあります。

仕事・家事・通勤・通学・電話・食事・生きること

最後の方は極論すぎますが、それ以外のことは概ね自分の努力とお金次第で解決できるケースが多いです。

 

・現在の仕事に嫌気が差し、転職を考えているのであれば、本気で考えてみるといいでしょう。

・家事が面倒だという方は、自動化できるところは自動化した方が楽になれます(後述してます)。

・通勤が嫌だという方は、フリーランスでも通用するスキルを今のうちに身につけ、”出社”という概念をなくすことを考えてみましょう。

それぞれハードルは高めかもしれませんが、人生の難易度を下げる方法は存在します。

あとは、自分にとって何が一番いい選択肢なのかを考えて実行するのみです。

人生100年時代とも言われているので、おそらくこの先の人生は長いです。若ければ若いほど人生の再出発はしやすいので、やりたくないことは人生から切り離してしまうべきです。

 

生活をルーティン化させる

生活をルーティン化させることも人生の難易度を下げてくれます。

・起きたら何をするかを決めてしまう

・毎日着る服を統一してしまう

・1日のスケジュールを決めてしまう

要するに、選択する回数を減らしてしまうということです。

ある程度生活をルーティン化させてしまうことで、”今から何をしたらいいんだろう”と考えること自体を無くせます。

それだけ余計な思考をする時間を減らせますし、好きなことに使う時間が増えます。

 

特におすすめなのは、1日のスケジュールを決めてしまうこと

必ずしもそのスケジュール通りに動けなくても構わないので、とりあえず自分のやるべきことを可視化させるだけでも効果はあると思います。

 

自動化を図る

日常の作業の中で、自動化できるところは自動化してしまうと人生の難易度は下がります。

 

つまり、日常のルーティンを減らすことで人生の難易度を下げる効果があります。

先ほどの項で説明した「生活をルーティン化させる」の発展形だと思ってください。

 

例えば、下記2つは自動化のハードルが低いので、試してみる価値はあると思います。

食器洗い・掃除

 

食器洗いの場合、食器洗い乾燥機にすれば自動化できます。
(別途、分岐水栓が必要になりますのでご注意ください)

このように、毎日行う作業を自動化することは可能であり、毎日のタスクを一つでも自動化じてしまえば人生の難易度はグッと下がります。

 

でも初期費用は高くね?

という気持ちもわかりますが、一度購入して今後は機械に任せるか、購入せずに今後も自分で家事を行うかを考えると、費用対効果はあると思います。

 

人生の難易度を下げると確実に生きやすくなる

極端な例ばかりになってしまいましたが、なぜ人生の難易度が高いと思うのかを考え、少しでも理解できるようになれば日々の過ごし方が変わってくると思います。

 

一つでも難易度を下げることができたら、他のことも下げたいと思えるようになるかもしれません。そのループにはまることができれば、人生の難易度はどんどん下がる一方になると思います。

仕事や家庭については簡単に変えることができないかもしれないですが、どのようにすれば自分の人生がいい方向にいくのかを考えるだけでも意味はあると思います。
(家庭を変えたい場合は自分一人でどうにかなる問題ではないので、家族ともいっかり考えたうえで責任を持った行動をしてくださいね。ちなみに僕は一切の責任を負いません)

 

人生の難易度は、少しの心持ちだけでも低くなることがあると思います。

あまり意識を高く持ちすぎても苦しくなるだけなので、できる限りのタスクや精神的負荷を減らしつつ、適度に力を抜きながら生きていくことをおすすめします。

http://sawa-masaki.com/office-worker-freelance/