思考

嵐(大野智)の活動休止から読み解く「自由」に対する考え方

 

どうも、マサキ(@sawa_masaki_)です。

人気アイドルグループ「嵐」が2020年末に活動休止すると発表しました。

2017年末に幅広い年齢層から人気があったSMAPが解散し、今回は若者からの人気が高い嵐の活動休止。ジャニーズとしてもはどう考えても痛手なはずです。

 

今回の活動休止となった経緯は、嵐のリーダー大野智さんが芸能活動を休止したいという申し出があったことから始まっています。

その理由は「自由に生活がしたい」とのこと。理由は特にないそうです。

 

これ、めちゃくちゃ共感できます。自由を求めるのは普通のことだと思いますし、芸能界のようにスケジュール管理された人生を何十年も生きているのであればなおさら自由への欲求が高まるはずです。

そんなふうに、自由に生きたい大野さんを個人的には応援していますし、思うところが多かったので記事にしてみました。

本記事では、主に「自由」に対する考え方を書いています。きっと多くの方が求めている自由な人生を大野さんは体現されようとしているのではないかと思います。

 

嵐の活動休止は自由になりたい人へのメッセージ

これは決して嵐からのメッセージではなく、筆者が個人的に活動休止のニュースを読み解いた意見の一つです。

自由になりたい。それはごく普通の欲求です。決して悪いものではありませんし、

しかし、多くの人が自由を得ることができずに苦しんでいるというのも事実です。それはなぜなのか。理由は明白で、お金と人間関係です。

※以下、嵐の活動休止の話からは少し脱線気味になります。

 

お金がないと人生の幸福度が下がる

このように言うと拝金主義だという意見がありそうですが、人間は根本的に拝金主義な生き物です。

でなければみんなお金に無頓着なはずですし、そういう人は自然と好きなことだけして生きるようになるので結果的に自由になりやすいはず。

 

お金は人生の全てではありませんが、生きるためには絶対的に必要なものです。

もしお金がなければ食べ物を買うことができませんし、賃貸であれば家賃を払うこともできません。お金は生活そのものに大きく影響を与えますよね。

だから人間はお金を得るために必死に働いてお金を稼がなければ生きていけません。

必死で働かなければならないが故に、自由な人生からは遠のいてしまいます。誰もが好きなときに働いて、好きなときに好きなことをしたいという願望はあって当然です。

実は派遣社員として働くとかすれば正社員と比べて自由度が高くなって場合によっては高収入になることもありますが、給料の保証は弱くなります。ここに怯えている人が大半です。

本記事ではそこに議題を挙げるつもりはありませんが、あまりこだわる必要のないところにこだわることで自由を手にできなくなってしまうこともあります。

 

大野さんに至ってはお金の心配は必要ないでしょう。相当な稼ぎがあるはずですから。だからこそ活動休止して自由な人生を歩む一歩を踏み出せているのではないかと思います。

もちろん本人は相当な葛藤があったと思います。このことについては後述します。

 

人間関係により人生は左右される

次に人間関係の話です。

人間関係と一括りに言っても様々です。家族・友人・学校・会社・ご近所付き合い・店員とのコミュニケーションなど、多岐に渡ります。SNS上のやりとりも人間関係の一つと言えるでしょう。

我々はこれらの人間関係の中で生きているわけですが、付き合う人によって人生が左右されるということもあります。なぜなら、人は無意識のうちに他人からの影響を受けやすいからです。

 

少し悲しい話を例に出しますが、1998年にX JAPANのギタリストhideさんが亡くなられました。この話題は社会に大きく影響を与え、後追いする人も続出しました。

このように、人は影響を受けた人の追いたくなります。それがたとえ死後の世界だとしても。

一般的には理解されにくいかもしれませんが、実は身近なところにも似たような例があります。

 

例えば会社員として生きること。これは誰もが疑わない生き方の一つですよね。なぜなら、みんながそうしているから。

しかし、現代では会社員に固執しない生き方が目立ってきています。YouTuberが代表的なところですね。

もしこのような働き方ができれば、人間関係も自分で選べるようになります。出社という概念すらなくなり、毎日嫌な人間関係の中に飛び込む必要もありませんから

働き方の選択肢は増えているけど多くの人は気づくことができないのは、自分が育った環境や働き方に関心がないのが原因です。

周りに会社員でない人がいれば少しは生き方の視野が広がるかもしれませんね。

 

大野さんがこの先どのような人生を歩むのかはわかりませんが、芸能界で働くこと以外のことに興味を持っているのはほぼ間違いないはずです。

そう思う過程の中でも少なからず何かしらの人間関係が関係しているかもしれません。ただの深読みであることも十分ありえますが。。。

ここで言いたいのは、誰もが誰かの影響を受けた結果として今の自分があるということです。

それで幸せなら最高ですが、そうでなければ大野さんのように自分の人生を見つめ直す機会があってもいいかもしれません。




嵐の大野智が活動休止するという社会的影響

社会的影響と言っては少し大げさかもしれませんが、大野さんの決断は多くの人に大きな影響を与える可能性があります。

それは大きく分けて芸能界への影響と、我々一般人への影響の2種類に分けられます。

 

芸能界への影響

大野さんの活動休止は芸能界への影響力が大きいと思います。なぜなら、芸能人は人一倍自由を求めているはずだからです。

芸能人は普段街を歩くだけでも人目を気にしますし、スケジュールが詰め詰めの中で仕事をしなければならないので自分の時間を確保するのが困難なはずです。もちろん仕事相手も選べません。

そのような生き方にストレスを抱えている芸能人も少なからずいると思います。芸能界で人気が出るとプライベートな時間がなくなり、それがストレスになるのは当然です。

ですが、彼らは簡単に仕事をやめることができません。特に有名になってファンができたらなおさらです。

というように考えると、芸能界はなかなかブラックな働き方だなと思います。

 

影響力を持っている人が自分の人生を歩みたいというのは自分勝手だという意見もあるかもしれませんが、それはナンセンスです。なぜなら、自分の人生は他人が決めるものではないからです。

芸能人は一度成功したら違う人生を歩むことを否定されがちですが、決してそうであってはいけないと思います。彼らも人間ですし、自由に生きる権利はあります。

それを主張するかのように「自由に生きたい」と宣言した大野さんは勇気があると思いますし、他のことがしたいと悩んでいる芸能人にも勇気を与えたのではないでしょうか。

 

一般人への影響

大野さんの活動休止は芸能界だけでなく、我々一般人にも考えさせられるものがあります。

影響力を持っている大野さんが活動休止して自由に生きたいと聞いて、自分もそうしたいと思った方も多いのではないでしょうか。

ぶっちゃけ、大野さんよりも我々一般人の方がよっぽど自由になりやすいです。なぜなら、大した影響力を持っていないからです。

大野さんは個人が大きなブランドを持っているので代わりになる人がいません。だからこそ今回の発表までに時間がかかったはずですし、活動休止が2020年末になったのだと思います。

そう考えると、一般人が自由になりたいけどなれないと悩むのはなんだかちっぽけなことに感じませんか?

転職したいと思ったところで大して誰の迷惑にもなりませんし、代わりの人材はほとんどの場合は誰でも務まると思います。

 

トップアイドルが活動休止するというのは多くのファンに影響を与えることになります。本人はそれをわかっていながらそのような道を選んだ。普通はそう簡単にできないことです。

まあ”引退”とは言ってないというところがポイントですけどね。本人は引退の意思があったようですが、メンバーに引き止められたとのことです。

自由な生活をした後にまた戻ってくるかもしれないという保険もかけているような気がします。




嵐もみんなも自由であれ

結局のところ、なにかの病気持ちとか特殊な事情がない限り人生は自分の意思次第でどうにでもなります。

言葉を選ばずにいうと、大野さんだって自分の人生を最優先に選んだわけですから。

我々一般人が何かを背負っているかといえば、家庭や会社であることがほとんどです。家庭を守るために会社に行くのも大切ですが、それで自分を見失ってしまっては不幸です。

自由を求めることが必ずしも正解ではありませんが、多くの人が求めているのは間違いないと思います。

大野さんの活動休止は、多くの人が自分のことを考えるきっかけになってほしいものです。