旅行

空港のラウンジはゴールドカードを持つ全ての人におすすめしたい場所

 

どうも、まさき(@sawa_masaki_)です。

 

クレジットのゴールドカードを持っている人は無料で利用できる空港のラウンジ。

みなさんは利用していますか?

ぼくは空港へ行くたびに利用しています。

そして、閑散としていることが多いです。

めっちゃ快適なのになんで人が少ないんだろうと考えたところ、そもそもラウンジの存在を知らない人もいるのでは?と思ったので、今回筆をとりました。

ゴールドカードを持っていないという方はごめんなさい(ラウンジは有料で利用可能です)。

 

本記事は、空港ラウンジの使い方メリットを中心に書いた記事となっています。

空港ラウンジの使い方

では、空港の使い方を書いていきます。

空港ラウンジに入るのに必要なものは?

以下の通りです。

  1. ゴールドカード
  2. 航空券

たったこれだけです。

この2つを受付の方に提示すると、カードを片手にPCでなにやらカタカタし始めます(怪しいことではないはず)。

10秒くらいしたら「中へどうぞ〜」と言われるので、それから先はゆっくりし放題です。

 

ラウンジの入口は格式高い感じなので入りずらさを感じるかもしれませんが、受付の方は丁寧な対応をしてくれるので全く緊張する必要はありません。

ちなみに、航空券のネット予約完了画面を提示しても入れたので、航空券を発券する前でも入場可能だと思います(場所によってはNGかも)。




ゴールドカードがないと利用できない?

有料にはなりますが、ゴールドカードがなくても利用可能です。

料金の相場は1000円前後となっているので、少し割高です。

1000円払う価値があるかは人それぞれですが、ゆっくりしたい方、何かの作業に集中したい方、時間を有効活用したい方にはいいかもしれません。

 

出発前と到着後どちらも利用できる?

ラウンジによって異なります。

出発前だけ利用可能なラウンジがほとんどですが、到着後に利用可能なところもあります。

ぼくが知っているところは「新千歳空港」「関西空港(比叡)」です。

それ以外の空港については、ラウンジの公式サイトをご確認ください。




空港ラウンジを使うメリット

以下の通りです。

  • 個人スペースあり
  • ソファがふかふか
  • コンセントがある
  • 無料Wi-Fiがあり
  • 飲み物無料
  • お菓子無料
  • 静か

ざっとこれくらいのメリットがあります。

なお、一部空港のラウンジでは少し事情が違うかもしれないので、ご利用前はラウンジの公式サイトをご確認ください。

 

個人スペースあり

Airport lounge

こちらは新千歳空港の画像ですが、このように個人用のスペースがある空港もあります。

なにか作業をしたいときは重宝しています。

 

ソファがふかふか

なんか子どもみたいな感想ですが、ソファがふかふかです。笑

これはたぶん全ラウンジ共通なのではないかなと思います。

このソファを使えるだけでもラウンジを利用する価値はあると思います。

 

コンセントがある

各スペース、ソファごとにコンセントがついています。

スマホを充電したりPCの電源を取っている人が多いですね。

 

無料Wi-Fiがある

無料のWi-Fiがついています。

速度はわりと速く、快適に利用できます。

 

飲み物無料

コーヒーやソフトドリンクなどは飲み放題です(アルコール類は別途料金が必要)。

ぼくはコーヒーを何杯もいただいてます。

 

お菓子無料

お菓子はあるところとないところがありますが、あれば食べ放題です。

あればラッキーと思った方がいいでしょう。

 

静か

個人的にはこれが最大のメリットです。

空港はどこへ行っても騒がしいので、ラウンジは唯一落ち着ける環境なのではないかと思います。

いわば空港内の避難場所という感じです。




空港ラウンジを使うデメリット

ラウンジの使い勝手にデメリットは感じられません。

強いて言えば、分かりづらいところにあることが多いです。

 

でも、個人的にはメリットだと思っています。

なぜなら、あまり人が来ないからです。

知る人ぞ知る場所という雰囲気があるので、むしろ目立たない場所にひっそりと佇んでいる方がいいですね。




カフェに行くなら空港ラウンジを使おう

ゴールドカードを持っているのにカフェに行くのは正直もったいないです。

金銭的に安く抑えられるという理由もありますが、特に疲れているときはカフェよりもゆっくりできます。

もし空港内で暇を持て余しているのであれば、ラウンジを利用してみてはいかがでしょうか。