2021年3月家計

この記事は約2分で読めます。

まさきです。

今月も家計を計算する時期がやってきましたね。

3月は例月よりも少し高めになってしまい、見直し甲斐のある月になりました。

 

それでは、2021年3月の家計を書いていく。

 

科目支出額内訳
家賃24,880円家賃:20,000円
その他:4,880円
電気代(2〜3月分)1,737円
水道代(固定)2,100円
ガス・灯油代(1〜2月分)7,757円ガス代:
灯油代:
通信費7,109円固定Wi-Fi:3,828円
楽天モバイル:3,281円
交通費1,200円
食費・日用品代10,569円自炊:9,514円
日用品:1,055円
カフェ代(作業代)2,286円
娯楽費12,054円映画代:8,200円
書籍代:3,854円
美容代0円
医療費0円
健康保険料3,800円2期分
合計74,692円
▼イレギュラー支出▼
特別支出0円
年会費0円
生活費との合算74,692円
青字は以下に補足あり

 

スポンサーリンク

 

総括

生活費は74,692円。目標の7万円を軽やかに超えてしまった。楽天モバイル代をクレカ払いに切り替えたことと、娯楽費とガス代が例月より高くなったことが原因。

 

通信費

楽天モバイル代をクレカ払いに切り替えた。今まではポイントで払っていたが、よくよく考えれば経費にできると思い、あえてクレカ払いにした。今後、経費にできるものはポイント使わない方針にしていく。

 

娯楽費

映画代で8,200円。何事かと思って振り返ったら、なんと3月だけで7本も観ていた。

ただし僕は映画鑑賞を経費にできる事業をしているので問題なし。趣味を楽しみつつ、稼ぎすぎた時のリスクヘッジもできる。そう考えるとなんと幸せな環境にいるのかと再認識させられた。

 

>>家計報告一覧

タイトルとURLをコピーしました