【2021年1月家計】まさかの10万円超え!月5〜7万円で生活するミニマリストの称号剥奪?

この記事は約4分で読めます。

まさきです。

今後このブログでは僕の家計を発表していくことにしました。

いろんな人の家計を見るのが好きだし勉強させてもらってるので、僕も提供者側になれたらいいなと思い立った。興味本位で見るだけでもいいし、なんらかの参考になってくれれば嬉しさ極まります。

 

それでは、2021年1月の家計を書いていく。

 

科目支出額内訳
家賃24,880円家賃:20,000円
その他:4,880円
電気代(12〜1月分)2,356円
水道代(固定)2,100円
ガス・灯油代(11〜12月分)3,884円ガス代:2,560円
灯油代:1,324円
通信費3,916円固定Wi-Fi:3,828円
通話代:88円
▼ポイント払いのため実質0円
楽天モバイル:3,280円
交通費3,000円SAPICAチャージ
食費・日用品代9,954円
カフェ代(作業代)0円
娯楽費3,240円映画代:2,800円
ファンクラブ月額費:440円
医療費0円
健康保険料1,900円
合計54,830円
▼イレギュラー支出▼
特別支出30,715円デスク:10,800円
ゲーミングチェア :17,850円
チェアマット:2,065円
年会費14,480円マネーフォワード年会費:9,783円
楽天ゴールドカード年会費:2,200円
ドメイン代:2,497円
生活費との合算100,025円
青字は以下に補足あり

 

スポンサーリンク

 

総括

1月はデスクとゲーミングチェア導入が大きなイベント。各種年会費も嵩み、まさかの10万円超え。

『月5〜7万円で生活するミニマリスト』と自称しているからついにコンセプト変更?ブログ閉鎖?と思ったが、日常生活費はそこまで高くないことに注目してほしい。そもそもこのブログでいう『月5〜7万円で生活』というのは、日常生活費の話ですからね。名誉挽回していく。

日常生活における生活費は54,830円。ここは例月よりも安く納まった。いつもは映画代がもっと大きくなるが、デスク周り強化による支出増のため少し我慢。とりあえず2月まで我慢して、それでも観たいと思ったら映画館に行く。

 

通信費

スマホSIMは楽天モバイルを使っている。一年間月額980円の神キャンペーン期間が終了してしまい、1月から3,280円に暴騰。ポイント払いだから銀行口座への負担はないが、ポイントも資産の一つなので無駄に払いたくないのは当然の摂理。

最近は大手キャリアも続々値下げを始めたので乗り換え先を検討中だが、なんだかんだ楽天アンリミットがいい気がするので継続の方向。しかし僕が使っているiPhone7Plusは対象外とのことで慌てふためいてる。XSかXRに移行かなぁ。

 

カフェ代

外でPC作業をするときに計上する費用。家だと集中できない時は近所のカフェかファストフードに行く。今月は全額楽天ポイントを使ったので銀行口座への負担はゼロ。ただしこの手の費用は経費にできるので、来月からはクレカ決済に切り替える。

 

健康保険料

健康保険料は1,900円。ここまで安い理由は、2019年の所得が低すぎたから。2020年も青色申告と経費を活用したら課税対象外の所得になったので、おそらく引き続き同じくらいの金額になると思われる。

 

特別支出

合計30,715円。ここまで大きい支出は久々だったので銀行口座的には大ダメージ。しかしこれからの仕事や生活を考えたら必要なアイテムだと思ったので出費。おかげさまで仕事の生産性とQOLは爆上がり。後悔は全くしていない。

 

年会費
  • マネーフォワード年会費:9,783円
  • 楽天ゴールドカード年会費:2,200円
  • ドメイン代:2,497円

マネーフォワードは家計管理アプリ。僕は確定申告で使うマネーフォワードクラウドの一番安いプランを契約している。書類提出の時期に一年分を帳簿付けするのは大変なので、現在は週一くらいのペースで家計簿代わりに帳簿付けしている。おかげさまで確定申告の負担はかなり減った。

楽天ゴールドカードの年会費は来年から支払いなしになる予定。というのも、SPUポイント4倍が無くなるのをきっかけに解約したから。こういうとき、ゴールドだから解約はもったいない…とか思ってはいけない。心を鬼にして、これからは通常カードを使っていく。

 

こんな感じで毎月家計を書いていこうと思うので、興味がある方は引き続きお楽しみください。

>>家計報告一覧

タイトルとURLをコピーしました