【近況報告】家賃崩壊地域への引越しを検討しています

この記事は約4分で読めます。

まさきです。

最近あまり更新していなかったので、生存報告を含めて日記形式でつらつらと書いていく。

 

僕は現在、北海道札幌市に住んでいます。

札幌に来てから早2年半。そろそろ引っ越そうかなと考えている今日この頃。

 

札幌に飽きたという話ではなく、生活費をもっと下げるための引越し。ネットに繋がれば仕事できるので場所にこだわりはなく、安い物件なら全国どこでもいいという気持ち。

 

現在の家賃は24,880円。十分安いじゃないかと思うかもですが、世の中もっと安い物件はあるのです。

家賃は安いに越したことはない。ただ住むだけなのに数万円も飛んでいくとか正気の沙汰じゃない。

 

というわけで、いま引越しを考えている地域は2つ。

  • 北海道札幌市
  • 大分県杵築市/国東市

このまま札幌市内の安い物件に引っ越すか、大分県の杵築市/国東市に行こうか迷っているところ。

 

札幌は1〜2万円台で住める物件は結構あるし、なにより利便性がいい。普段の買い物には一切困らないし、札幌駅まで電車で10分ほど。僕の趣味である映画館に行くことを継続できる。これが杵築/国東とは決定的に違うところ。

 

杵築/国東は日本屈指の家賃崩壊地域。家賃1万円台の部屋はそこら中にある。しかもボロ家ではなく、築15年くらいでバストイレ別の綺麗な部屋ばかり。

部屋の質と家賃を求めるなら、杵築と国東以外に選択肢はないでしょう。ただし僕には映画館で映画を観るという趣味があるので悩ましいところ。映画館は大分駅近くにあるが、杵築の物件から大分駅まで遠すぎるのが厄介。そもそも杵築駅まで行くのが困難だったり。杵築の激安物件はそういう立地にあるところが大半。

 

趣味(映画鑑賞)を捨ててまで杵築/国東に行きたいと思う理由は、お金のための雇われ労働生活に逆戻りするリスクが低くなるから。生活費が安いほど貯金は減らないし、収入は少なくても生きていける。

映画館は贅沢品だなと思うことも増えてきたから、この機会に一度映画離れするのもありかなと。最近の映画は公開から半年くらいすれば配信されるし、それまで待てばいいだけ。

 

老後?そんなの今から考えてもしょうがない。30年後の世界なんて予測不能。仮想通貨とか出てきてるし、お金の常識が変わってる可能性もあるわけで。日本円?まだそんなの使ってるの?なんて世界になってるかもわからない。とりあえずETF投資しとけば勝手にお金増えるから、それ以上難しいことは考えないようにしている。

 

利便性を求めて札幌に留まるか、極限の生活費を追い求めて杵築/国東に行くか。

この二択に迫られているのが最近の僕です。

 

生活費に対しての懸念。

札幌での生活費(娯楽費・保険料含む)は約7万円ほど。杵築/国東に行けば約4万円になる試算。

生活費くらいならサイト運営の収入だけで十分賄えるが、もしサイトが潰れたら終わる。そんなリスクを背負いながら生きているので、決して安定とは言えない。

なので、第3の選択肢としてリゾートバイト、治験も出てくる。本当に困窮したら出稼ぎに行かなきゃいけないが、それでも転職とならないだけまだマシ。派遣ならまだしも、正社員だけは本当に勘弁。

 

僕は毎日の支出を抑えることに快感を覚える変態タイプ。支出が0円だった日は飛ぶように嬉しくなってしまう。

この前800円のラーメンを食べたけど、たった一食だけで800円も出て行ったことに超絶ストレスを感じ、あまり楽しめなかった。だから節約自体は全く苦じゃない。むしろ天性あるとすら思っている。

 

札幌でも生活費は十分抑えられるけど、なにより金銭面の困窮が一番怖い。その先に待っているのは雇われ労働だから。そのリスクを最小限にするために、日本屈指の家賃崩壊地域で生活費を極限まで下げた生活をしたい気持ちも捨てきれない。

まぁ合わなければ元に戻ればいいだけだからそんなにリスク高いわけでもないけど、それでも躊躇してしまうのが臆病なところ。

 

ということで、最近は札幌市内で安い物件に引っ越そうか杵築/国東に行こうかで悩んでいる。

色々悩みすぎてもしょうがないから3月中には結論を出したい。

 

ちなみに最強なのは実家だけど、親の目があるから住みにくい。毎日親に申し訳ないと思いながら暮らすのは窮屈。実家を選択肢に入れてない理由はそれだけ。

タイトルとURLをコピーしました